フレッツ光オススメのプロバイダはコレだよ!

フレッツ光でオススメISP(プロバイダ)についてまとめていくんじゃ。プロバイダの種類がある過ぎてどれを選んだらいいか分からないし、何がいいかも判断が付かないって人は多いはず。

インターネット回線は料金が安いっていうのも大切だけど、そもそも安定した繋がりがないと話にならないのであ~る。

あなたにとって本当にいいフレッツ光のプロバイダって?

まず、あなたにとって良いプロバイダとはどれのことだろうか?
・料金が安い
・ネット通信が安定する
・サービス内容が豊富

もちろんすべての兼ね備えてるプロバイダはなかなかないと思うが、最も重要なのは
ネット通信が安定するではないだろうか?

有名なプロバイダである、OCN、ニフティー、ビックローブ、ソネット、ぷらら、などであれば大丈夫だと思っていたら、それはホントに安直な決断と言える。

朝から夜問わず、ネットにつながる環境が当たり前に必要なはずです。

たとえば、フレッツ光で500円/月くらいの安いプロバイダであってもネットに繋がらなかったら、料金は払ってる意味がないと思うし、24時間極力安定した形でネットに接続出来る環境が一番ストレスがないです!

 ブラウザのタブがずっとクルクル回ってる。。。
 動画の読み込みがすごく遅い。。。
などのストレスを感じたくはないはずです(‘◇’)ゞ

たとえば、youtubeやニコニコ動画を観てるときにこのような現状が起きたら、興ざめ甚だしいと思うんじゃ(;・∀・)せっかくの休みに過去のアニメをまとめて観てストレス解消をしようと思っていても、ネット環境が悪くて動画が止まってしまったら、逆にストレスがたまってしまうに違いない。。。

また、ネット回線の営業マンがお客様にプロバイダについて、問題なく使えるかって聞かれたときに、正確なことを伝えられないと営業としてはダメだと思うし、「実際に使ってみないと分からない」と一辺倒な回答しか言えないと信頼はされないと思うのであ~る。

だから、ある程度料金が高かったとしても帯域制限や帯域規制がないプロバイダがやっぱりいいと思うし、実際に使ってみてもいいと思うんじゃ(^^)/そうすれば、自分の体験談もお客様に話すことも出来るの信ぴょう性が上がるんじゃ。

フレッツ光プロバイダの帯域制限や帯域規制って一体なに?

とっても簡単にいうと、みんなが使えるようにネット回線の帯域を意図的に制限をかけること!特定の人だけ、必要以上のスピードが出てしまうと、他の利用者が平等にネット回線を利用出来ないんじゃ(;・∀・)

よく高速道路の渋滞に例えられますがスピードを無理に出さずに車間を詰めないように走行した方が渋滞になりにくいと言われるけど、道路車線数は決まってるのでその中で渋滞にならないように走行することが大切なのであ~る。

みんなの道路だから、みんなが気持ちよく利用出来るように自分勝手な使い方や人に迷惑のかかる使い方はやめようってことじゃ( ゚Д゚)

ネット回線の帯域制限と規制はこの理論と同じ。

NTTが高速道路そのものであれば、プロバイダはNEXCO中日本のような高速道路を管理する会社である。

通信の安定性はこのプロバイダが役割を担うので、インターネット回線の利用者そのものが多いとコントロールが難しくなるし、ワガママな使い方をするとそのユーザの利用を停止などしないといけなくなる。

ネットがつながらない時にNTTに問い合わせをしても、プロバイダに確認して!と言われるのはこれが理由だったりする!

後述するが、コミュファ光やnuro光はプロバイダを別途契約する必要がない一体型プランとなってるので問い合わせ先も一本化されるので利用者としても安心じゃ。

ネット回線が安定するプロバイダは渋滞が発生しないように、プロバイダ側でその通信を管理するんじゃ。分かりやすくすると交通整備みたいなもんであ~る!というよりは、渋滞になっていないように感じさせるんじゃ。

一般的に料金が安いプロバイダだと、この交通整備がかなり下手ですぐにつながりにくくなる。一方で料金が高いプロバイダだと、この交通整備がかなり上手いのでストレスがより少ない形で、インターネットへの接続が出来るのであ~る。

ここまでは戸建てプランに限った話とあるが、マンションタイプとなるとマンションの物件に対してネット回線が1本導入されていて、そこから各部屋に対してネット回線が割り当てられてるから利用者が増えていくとネットの速度は遅くなってしまう(”Д”)

※NTTコミュニケーションズ公式より転用

これは正直にいうと料金的には戸建てプランにより1,500円前後安いけど、速度についてプロバイダの選択に因らず満足いくモノにならないと考えた方がいいのであ~る。夜19時以降の時間帯や土日はどうしても遅くなる可能性が高い。

ただし、マンションの物件によってはNTTフレッツ光とauひかりといったように複数回線が導入されてることもあるから、加入者が少ないネット回線であれば夜の時間帯であってもネットが遅くならない可能性は十分にあるんじゃ。

まずは自分が住んでるマンションに導入されてるネット回線をしっかり調べて欲しいのであ~る。

わしが前住んでいたマンションはNTTフレッツ光とJCOMが導入されていて、わしはフレッツ光とso-netを使ってんじゃ。6世帯のマンションだったけど、夜19時以降はやっぱりネット回線は遅かった。。。

また、マンションによっては自分の一室に戸建てタイプを導入出来るところもあるから、オーナーさまや管理会社さまから許可が出ればやるのもありじゃ(^^♪

フレッツ光でオススメプロバイダは?

帯域制限や帯域規制がないプロバイダは

・かもめインターネット
・府中インターネット
・ちょっパヤネット

が代表的なところじゃ!ただホントに快適に使えるが、料金が通常のプロバイダ2倍はする(;´・ω・)

かもめインターネット
初期費用:0円
毎月:2,366円(税込)
府中インターネット
初期費用:2,700円
毎月:1,814円(税込)
⇒年間払いだと19,440円なので、2,328円お得!
ちょっパヤネット
初期費用:0円
毎月:動的IP 2,366円
固定IP 3,395円

※料金は全て税込表示

料金が高いのはちょっと抵抗があるって思ったらコミュファ光とNURO光など地域限定の光ファイバーであれば一般家庭向けには加入しやすい。料金も5,000円前後でおさまり帯域制限も設けてないんじゃ。

フレッツ光ではないっすけど(笑)地域限定サービスですが帯域制限や帯域規制がなく、そして、安いのであ~る!(^^)!youtubeやアマゾンプライを利用して、ドラマやアニメを一気に観る形であれば、十二分に事足るに違いないのであ~る!

わしの場合は、nuro光を入れたかったけど、その時にはマンションに入ってなかったから会社のモバイルルータで動画を楽しんでいたのであ~る(笑)モバイルルータだったら、夜のコアタイムでもストレスなく、動画を見れたんじゃ☆彡

まとめ

・オススメのプロバイダは帯域制限や速度制限のないモノ
・でも料金高いから地域限定の光ファイバーなら安くて速いモノが多い
・一人暮らしのマンションで動画を中心に観るなら戸建てタイプを導入するのも一つの手
・それでもダメならモバイルルータ

今の生活にネット環境がない生活はホントに考えられなくなったから、そのネット環境にこだわった方がいいと感じるし、自ら学んでいった方が後々後悔も少ないように思うのであ~る。

テレビやラジオなどが無くても生活は出来ると思うが、パソコンやスマホがないと生活が出来ない人の方が多いし、今後もさらに割合が増えていくはずじゃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする