ネット料金が安くなる訪問は果たして詐欺か?

ネット料金が安くなるってよく訪問来るけど、あれって怪しいし、しつこいのもいるから詐欺じゃないって思ったそこのあなた!

もちろん悪質な業者はあるけどそれだけで話しを聞かないのは、少し勿体ないかもしれない。ネットが安くなる訪問の実態を大公開するのであ~る。

ネット料金が安くなる訪問って実態は?

訪問に限らないんだけど、基本的に営業を委託されてる代理店で訪問が来てるんじゃ。だから、NTTやコミュファ光、nuro光などのメーカー側の営業が訪問に来ることはないのであ~る。

ただし、ケーブルテレビはエリアが絞られるので直で営業に来ることはある。

自宅のチャイムが鳴った際に、「NTTの者です」「コミュファ光です。」とか名乗る人がいたら気を付けた方が良いと言える。そのような人たちはまずは代理店の営業になるので、名刺をもらうようにした方がいい。名刺を確認すれば、NTT代理店やコミュファ光代理店など、しっかりと記載がされてる。

ではなぜ、しっかりと代理店と名乗らないか?というと名乗らない方がしっかりとお客様が話を聞いてくれるからである。

もちろん、この営業スタイルは業界的にはNGなんだけど、受注したお客様には名刺は渡すようになるので、「後から代理店だと認識させる」やり方を取ってるいるのであ~る。

実際に、代理店と名乗ってもお客様側でその言葉を聞いていないことも多いんじゃ(笑)

わしも学生の頃、NTTの代理店としてアルバイトしていたがNTTと言うだけで自宅の扉を開けてくれる人はホントに多かった。( ゚Д゚)あとは決裁権のある人としっかり話しが出来れば受注出来る可能性はぐっと上がるわけなんじゃ。

彼ら、彼女らの正体は正社員かアルバイトのどちらかで、日々件数に追われて仕事をしている。中には完全歩合制で働いてるチャレンジャーもいるので必死さは違う。

ネット料金はホントに安くなるの?

何よりも大切なのは、この点である。

自宅のネット料金が毎月下がるのであれば誰しも喜ばしいことだが、ネット回線について詳しくない人はホントに大丈夫なのか?今のネット環境は変わらないのか?と心配に思ってしまう。

何よりも知識があってしっかりと提案してくれる営業に出会えることが一番だが、なかなかそうもいかないのが実情である。

ネット回線の営業を受ける際にチェックして欲しいのが、まず何の回線を案内をしているのか?である。

ネットの料金が安くなるかどうかは、自分の利用環境に合ったネット回線を使ってるかどうかが重要で、今のお客様のネット環境を理解した上で提案をしないと、逆にデメリットが出ることもある。

ここ2年くらいで急増した光コラボサービスは、加入が手軽な上で逆に料金が上がってしまったり、ネットが遅くなったなどのトラブルが多いので、光コラボのネット勧誘であれば注意が必要なのであ~る。

光コラボは結論安くはならないと思った方がいいのであ~る。

プロバイダが統一されて別途契約なくネット回線を利用出来るとか今のフレッツ光のまま工事不要で、今のネット料金よりも安くなるとか言われたら、それはまさしく光コラボの勧誘である。契約の感覚もなく書類に著名するだけで済んでしまうから、後からトラブルも多いんじゃ(-_-;)

訪問で案内される光コラボサービス
光速トク、モバイルくん光、オフィス光など

ネット料金が安くなる訪問がしつこいって感じたらこうやって断るべし

しつこい営業をキッパリと断りたいって思う人も多いはず!しかし、なかなか断れずにずるずると時間を取られてしまった人も多いはず。そこで言って欲しいのが

「あなたの営業がしつこいです。あなたの会社とメーカ元に言うので名刺出して下さい。」

コレだけでOKです。多少演技でもキレながら言うと効果的(笑)

まずはしっかりと断って欲しいのであ~る。

営業している本人やその会社が何よりも恐れてるのがクレームじゃ。最悪稼働が止まることもあるのですぐに引き下がるに違いない。

営業に来ている代理店の会社は、NTTやコミュファ光やnuro光に営業する許可をもらって営業をしているので、そのメーカ元から稼働止めて下さいと言われるとそれに従わざるを得ないんじゃ。

上手なトークで半ば強制的に申し込みを取る訪問営業も多いので、もしも断ってもどうにもならなかったらコレを試して欲しいんじゃ(^^)/

ただし、生活のためにまっとうに営業をしている人もいるので、遊び半分で試すのは控えてもらいたいのであ~る。

また、各ネット回線の会社で勧誘の相談の窓口を設けてるのでチェックしてみてもOKじゃ。

〇NTT西日本フレッツ光
お客さま相談センター(勧誘停止登録ダイヤル)
0120-019390
受付時間:午前9時~午後5時
休業日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29~1/3)
〇NTT東日本フレッツ光
電話番号0120-849-994
営業時間平日午前9時~午後5時まで
休業日土日・祝日・年末年始
〇コミュファ光
電話・訪問 勧誘停止をご希望のお客さまへ
コミュファコンタクトセンター
0120-816-538(年中無休/9:00~21:00)
〇nuro光
NUROサポートデスク 0120-65-3810(無料)
受付時間:9:00~18:00光コラボは加入したサービスによって会社が異なるのでちょっと面倒(-_-;)総務省の方で電気通信サービスに関する相談が出来るので、こちらに電話してみるのもOKじゃ。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/syohi/madoguchi.html

実をいうと、光コラボ業者で総務省の行政指導を受けてるところも何社かあるのであ~る。

その理由は、NTTから会社が変わる認識がないままお客様が加入してたり、今のNTTフレッツ光の回線設備が使えなくなるなどウソの情報で、乗り換えてるなど営業内容が問題が多いからである。

ネット料金が安くなる訪問はこんな感じで仕事やってる

このような訪問営業は果たして悪かというと、そうでも無いというのがわしの見解じゃ訪問の営業は電話営業とは異なり、1日に何件も訪問に回れないので今日出会えたお客様一人一人が全てになる。

どういうことか?というとその人たちから受注出来ないと、本日の売り上げが0円になのである。通信の個人向け営業の場合、1日1件は受注しないと会社としても割が合わなくなるので、その日受注が0件だった営業については後から厳しく詰められたりする。

厳しい会社だと、朝方までロープレをさせたり音声を聞いて勉強を強いることもあるので精神的にやられてしまう人も多い(´;ω;`)ウッ…

また通信回線の営業をやってると、完全歩合制でやってる人も多くて、受注が取れないと生活が出来ないのである。なので固定給を貰ってる人でもフルコミの人でも1日1日が戦いというわけじゃ(-_-;)

だからと言っていいわけではないが、お客様に対して半ば強制的に受注を取ったりしつこい営業をしてしまうのである。

また、自宅でネットを契約すらしていない高齢者を言いくるめて、光回線を契約させて自分の件数を増やす人も中にはいる。もはやネット料金が安くなるとかでは済まない。料金は今の固定電話の3倍近くまで上がってしまう。

特にミソなので、通信の商材は開通まで1-2か月程度は時間がかかるので、各営業の成績は開通までの申込件数となる。ざっくりいうと、営業が獲得してその後、メーカ側で確認電話をしてそれが通過したら1件となる。

なので、特に訪問販売はこの件数を増やすために、ありとあらゆることをしてくる。NTTアナログ電話しか使ってない高齢者から受注を取るのも、その1つじゃ。彼ら(もしくは、彼女ら)は開通させるつもりでは決して受注していない。

その場で受注を取り、すぐにメーカー側に確認電話を要求して、それを相手側に対応させる。それをクリアーするまで決して帰らないんじゃ(-_-;)つまり、成績になる1件をつくるだけの作業をしているのだ。

会社が悪いのか?その営業が悪いのか?判断しかねるところではあるが、少なくても与える人間か、奪う人間かをまずは見極めた方がいいと言える。

奪う営業は、自分主義相手のことは何一つ考えず、自分の件数のためにお客様を利用する。一方で、与える営業は相手が常に優先されてるので、お客様に迷惑になることせず、相手や会社のことを思った提案をする。その1つとして、今の利用環境をヒアリングしてきたり、お客様以上に詳しいことが条件となる。

ネット料金が安くなる訪問は実際こんな感じ

愛知県在住、60歳無職男性
コミュファ光の勧誘営業の人が自宅に来ました。別会社の営業の人だったのですぐに断ったのですが、話だけ聞いてくれと何度も頼まれて説明だけ聞く事にしました。
もともと使っていたキャリアに少し不満があったので、メリットがあればと思って聞いて致したが、価格的には殆ど同じで速度などは、実際に使って見ないと分からないので、あまり興味は持てませんでした。
その旨を伝えて帰ってもらおうとしましたが、携帯電話並みにキャッシュバックをつけるからと粘られました。最初四か月分のキャッシュバックと言われて、少し気持ちが変わりかけましたが何となく信用できない気がして断りました。
部屋に戻ってネットで調べてみたところ、コミュファのキャンペーンで最大四か月分のキャッシュバックをやっているのが分かりました。愛知県ならば速度や接続の安定性は実証されているようでしたが、手続きが面倒そうだったのでとりあえずは何もする気にはなりませんでした。
そこにまた営業マンが来たのです。今度はキャッシュバックを六か月にするからと言ってきました。六か月なら考えると返事をしたら、今日中でないと六か月は出来なくなると言われてまた猜疑心が湧いてしまい結局断りました。
営業の人は感じの良い人でしたが、最終的に断るのにも、相当時間を取られてしまい少し不満でした。

フレッツ光のもっともっと割で、割引が最大限効いてる人なので、電話とネットとプロバイダで5,000円前後なんじゃ。それにしても、途中でキャッシュバック6ヵ月分に変わるとはスゴイ(‘◇’)ゞ

まとめ

・ネット料金が安くなる訪問はまずは何のサービスかをチェック
・しつこければ勇気を持って「しつこい」と意思表示
・与える営業かどうかを見極めることが重要

ネット料金が安くなる訪問が少しでも怪しいと感じたら、名刺をもらってまずは営業の代理店だということを理解した方がいい。光コラボの案内であれば、安くならないことが多いくらいなので、加入には慎重に。。。

コミュファ光やnuro光など地域限定の光であれば安くなるが、まずは訪問して来た人間が与える営業か奪う営業かをチェックした上で加入を決めた方が、あとあとトラブルは少ない。

ネット回線はweb上で申し込んだ方が、キャンペーン条件も訪問と比べてもいいし、無理な営業をされないので、ストレスが少ないんじゃ。

nuro光コミュファ光

関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。
>>詳細はこちら



愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。
>>詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする