なぜコミュファ光は一体型がいいのか?

コミュファ光に加入する場合、プロバイダ一体型のプランを選択した方がお得という事実は知っているだろうか?

コミュファ光の一体型を選ぶべき理由は以下の5つ。

  • 月額料金が安い
  • 契約先がコミュファ光で一本化出来るので楽
  • 振り込み手数料が不要
  • キャンペーンがお得
  • 速度が速い&速度制限なし

それぞれについて、詳しく解説していくんじゃ。

そして、プロバイダ一体型の月額料金や一体型のデメリットについても触れていくので、コミュファ光に入ろうとしている方はぜひ参考にして欲しい☆彡

プロバイダ一体型は
株式会社NEXTで申込

コミュファ光で一体型にするメリットはこれだ!


コミュファ光でプロバイダを一体型にするメリットをまとめていくんじゃ。

月額料金が安い

コミュファで提携可能なプロバイダは全部で10社あるが、一体型にしたほうが料金は最も安くなるんじゃ。

なぜかというと、プロバイダ選択型だとそのプロバイダの割引がされないため、その分料金は高くなってしまうから。

以下は、コミュファ光のプロバイダ一体型と選択型の月額料金を比較した表。

電話とネット(税抜)電話とネットとテレビ(税抜)
コミュファ(一体型)4,930円⇒5,930円4,980円⇒5,980円
au one net5,830円⇒6,330円5,880円⇒6,380円
エディオンネット5,530円⇒6,030円5,580円⇒6,080円
ソネット(so-net)5,430円⇒5,930円5,480円⇒5,980円
ニフティ(@nifty)5,690円⇒6,190円5,480円⇒5,980円
ビックロー(Biglobe)5,730円⇒6,230円5,780円⇒6,280円
TNC5,490円⇒5,990円5,540円⇒6,040円
ODN5,330円⇒5,880円5,380円⇒5,880円
hi-ho5,730円⇒6,230円5,780円⇒6,280円
IIJ6,130円⇒6,630円6,180円⇒6,680円
media cat6,130円⇒6,630円6,180円⇒6,680円

※13か月目以降料金が変更

説明を分かりやすくするために、「10GホームEX」もしくは、「10Gホーム・セレクトEX」で比較したが、現在プロバイダ選択型で上記プランに対応しているのは、「エディオンネット」のみである。

「電話とネット」と「電話とネットとテレビ」ともに、プロバイダ一体型プランが最も料金が安いことが分かるはずである。

このように、プロバイダ一体型が月額料金が最安値なのであ~る。

契約先がコミュファ光で一本化出来るので楽

契約先がコミュファ光でまとまると、何がいいのか?という質問をもらいそうだが、単純に問い合わせ先がコミュファ一本に絞られる。

NTTフレッツ光を使ったことがある人なら経験があるかもしれないが、ネットの繋がりが悪い時に、NTTに問い合わせをしても、「プロバイダの方に原因があるので、プロバイダの会社の方に電話をして下さい。」と言われしまうんじゃ…..。

ようやく電話が繋がったのに何なんだと思った人も多いだろう。コミュファ光の一体型のプランであれば、プロバイダもコミュファなので、他の会社のせいにされる心配もない。

また、入会時に申し込みの控えが届くが、プロバイダ選択型だと別途プロバイダ会社からも届くので、それだけで煩わしい。

そして何よりも、プロバイダ一選択型だと自分自身でそのプロバイダを契約しなければならないことも。プロバイダが分かれているだけで、これだけ手間がかかる点はお分かりいただけただろうか?

振り込み手数料が不要

コミュファ光の場合、クレカ払いでも口座引き落としでも、振り込み手数料が発生しない。

しかし、コミュファ光のプロバイダ選択型で支払い方法を口座引き落としにすると、振り込み手数料がそのプロバイダによって200-400円料金がかかってしまうんじゃ~。

プロバイダ選択型における口座引き落としについて
so-net明細なし:200円・明細あり300円
ビックローブ200円(明細の発行はやってない)
ニフティー200円(明細の発行はやってない)
エディオンネット0円(請求書発行する場合200円)
au one net0円(請求書発行する場合400円)
TNC0円(請求書発行する場合200円)

もちろん、クレカ払いであれば振り込み手数料がかかることはないが、プロバイダ選択型の場合、プロバイダによって振り込み手数料が発生し、また請求が分かれてしまうので注意が必要じゃ。

プロバイダだけ別の人が支払ってる場合だと、うっかり口座引き落としにして手数料を毎月200円、年間で2,400円も払うことになるので、周りにそんな人がいたらしっかりと教えて欲しいのであ~る。

キャンペーンがお得!

そもそもコミュファ光に加入するときのプロバイダは、その申込した代理店によって決められることがほとんどだから、自分でわざわざ選ぶことはないし、また選ぶことも出来ないと思う。

代理店からは「コミュファ光のキャンペーンはこんなにお得になっていて・・・」と煽りに近い案内を受けて、申込の最後の最後にプロバイダは今回これでといった風に決められていくのが一般的である。

コミュファ光のキャンペーンで今のところ一番いいのが株式会社NEXTで、違約金補填とは別に最大61,000円分のキャッシュバックを貰えるんじゃ。

速度が速い&速度制限なし


コミュファ光には、30メガ~10ギガのプランを用意しているが、5ギガと10ギガに対応しているのはプロバイダ一体型とプロバイダ選択型「エディオンネット」に限られる。

つまり、それ以外のプロバイダの場合、30メガ~1ギガから選ぶほかないのであ~る!

この点から見ても、プロバイダ一体型のメリットは大きいと言えんじゃ。

また、わしとしては実はこの部分を一番に言いたいところになるが、コミュファ光は独自回線を利用しているので、NTT西日本フレッツ光の回線を一切利用しない。(シェアード地域を除く)

提供地域を絞ってるためか、コミュファ光はネットワークの24時間365日監視&保守が出来る部署を作ることが出来て、ネット回線の品質にも力を入れてる。

事実、RBBという機関から中部東海で一番速い回線として表彰もされてるので成果もしっかりと出てると言えるんじゃ。

NTTフレッツ光だと日本全国で使えるので、基本このようなことはあり得ないし、特に品質を保つサービスなんて出来るわけもないんじゃ。

特にプロバイダについて、コミュファ光だとNTTでも使えるプロバイダも多数利用出来るが、速度については事実一体型の方が、ワンストップ型なので、速度も出やすいし、安定もしやすいのであ~る。

実際にはどうなのだろうか?

もちろんすべてが良い意見ではなかったが、コミュファ光で速度を気に入ってる人は多かったし、特に一体型だとより安定性が増すことが分かるんじゃ♪

プロバイダ一体型のプランだと特に帯域制限を設けてないのが大きいと考えられる。他のプロバイダだと1日で20ギガとか30ギガの通信を行うと、速度がガタ落ちしてしまうが、コミュファ光の一体型のプランにはそのようなことはないのであ~る。

ネットのヘビーユーザーには嬉しい限りである(^^♪

以下の記事では、コミュファ光のメリット・デメリットが詳細にまとめられている。この記事を読まずして、コミュファ光の全容を知ったことにはならないだろう。

>>>ただ安いだけじゃないぞ♪コミュファ光のメリットとデメリットを大公開

コミュファ光の一体型の料金について


次に、コミュファ光の一体型の月額料金をまとめていく。

電話とネットプラン(税抜)
30メガホーム4,110円
300メガホーム1年3,990円⇒2年目以降4,545円
1ギガホーム1年3940円⇒2年目以降4,940円
5GホームEX1年3,930円⇒2年目以降5,430円
10GホームEX1年4,930円⇒2年目以降5,930円
電話とネットとTVプラン(税抜)
30メガホーム4,570円
300メガホーム1年4,450円⇒5,005円⇒4,982円
1ギガホーム1年3,990円⇒2年目以降4,990円
5GホームEX1年3,980円⇒2年目以降5,480円
10GホームEX1年4,980円⇒2年目以降5,980円

となるので、10ギガプランであっても月額6,000円を超えないで利用は出来る。

フレッツ光やケーブルテレビだと6,000-7000円は料金がかかるので、コミュファ光の料金は比較すると安いし、また速度も速い!特に1年目はギガデビュー割で、月額5,000円以下と破格。

コロナの影響で自宅でオンライン会議やオンラインゲームをする機会が増えているため、このような安くて高速な光回線サービスは利用しやすいはずであ~る。

コミュファ光で一体型と他のプロバイダを比較してみた


コミュファ光と一体型と選択型のプランをそれぞれ比較していくんじゃ。

一体型プロバイダ選択型
料金
速度
キャンペーン
手続きの手間
問い合わせのしやすさ×
サポート
メール変更の手間

このようにまとめると、一体型の方が良いことが分かるのであ~る。

コミュファ光のプロバイダ選択型というのは、どうしても今使ってるプロバイダを替えることが出来ない人向けのサービスだと思ったほうがいいかもしれない。

今使ってるプロバイダにこだわり無い人やプロバイダはどこでもいい人におすすめなのが「プロバイダ一体型プラン」の一択。

しかし、気を付けた方がいいのは、申込をする代理店によって、プロバイダが選択型になることがある点。

コミュファ光を取り扱う代理店によって、一体型以外のプロバイダにされることがある。コミュファ光の場合、プロバイダが変わってしまうとキャンペーン内容が変更されるため、事前に確認をして欲しいんじゃ。

あなたがまずコミュファ光に加入するときは、まず株式会社NEXTのキャンペーンを基準として、それより良いか悪いか比較した方がいいのであ~る。

コミュファ光で途中でプロバイダは変更は可能か?


コミュファ光でプロバイダの変更は、工事不要で手軽にできるが

・変更事務手数料として3,000円

・今使ってるプロバイダの解約金
がその場合発生するので、もちろん無料というわけにはいかないんじゃ。

もしプロバイダ選択型を利用していて、ネットがどうにも遅いって感じる人は、プロバイダをコミュファにして様子を見てもいいかもしれない。

安易にネット回線を乗り換えて、さらに遅くなったり料金が上がったりすることもあるので、慎重になった方が良いと言える。

少ながらずいえることは、コミュファ光から他社回線に乗り換えると、料金はほとんどの場合高くなってしまう….。

コミュファ光でプロバイダを一体型にしないメリットは?


最後に、コミュファ光で一体型に逆にしない方が良い人を挙げていく。上記でも伝えたとおり「今のプロバイダサービスを辞められない人」であるんじゃ。

具体的にはこのような人達である。

  • メールアドレスを複数使っていて、残すと逆に高くなってしまう
  • プロバイダから固定IPをもらってる
  • プロバイダのホームページサービスを使ってる

まずメールアドレスだが、大手のプロバイダのメールアドレスは1つあたり200-300円程度で残すことが出来るので、1-2個程度であれば、一体型の方が料金安いが、それ以上となるとプロバイダ選択型の方が安い。

プロバイダのメールは、変わってしまう場合もあるが、コミュファのメールを新規発行することが出来るし、Gメールやヤフーメールを使うことでネット回線の切り替えに影響を受けることがなくなる。

また、知らない人もいるかもしれないが、IPアドレスはプロバイダ会社から割り当てられていて、それを元に各パソコンなどの端末はインターネット接続が出来ている。

このIPアドレスは流動的に割り当てられるのが一般的であるが、これを固定のIPアドレスに有料にするサービスがプロバイダ会社にはあるんじゃ。

固定IPは一度解約してしまうと、2度と同じモノをもらうことは出来ないので要注意('◇')ゞ

最後にホームページサービスだが、これもプロバイダ会社のサーバーから提供してるので、そのプロバイダ会社を解約すると使えなくなる。(URLにそのプロバイダ会社が入ってる。)

仕事でプロバイダ会社のホームページサービスを使ってる人がたまにいるが、一層のこと独自ドメインとレンタルサーバでしっかりとしたホームページを利用してみてはいかがだろうか?

プロバイダ会社のホームページサービスは、その会社がサービスを終了してしまうこともあるし、勝手に消されてしまうリスクがある。

だから、仕事でホームページが必要ならなおさら、消されないホームページを作成した方がいいのであ~る。

まとめ

・コミュファ光の一体型は料金面と速度面、サービス面から可能な限り使った方がいい
・プロバイダ選択型の口座引き落とし手数料には注意
・今使ってるプロバイダサービスが他に代替出来ないかチェック

コミュファ光を使う場合、出来れば一体型にして欲しいとわしは思ってるが、人によってはプロバイダを変えられない人もいる。

しかし、今使ってるプロバイダサービスがホントに使い続けないといけないのか、他に代用することは出来ないのかと考えると、案外そうでもなかったりする。

それだけ今の時代、サービスが多様化しているし充実しているんじゃ。

訪問やテレマで勢いよくコミュファ光に契約してしまうと、プロバイダが一体型でなったりするので、その点はホントに注意して欲しいのであ~る。

確実にプロバイダ一体型で取り次いでくれるのが株式会社NEXTである

株式会社NEXTでコミュファ光

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする