nuro光にテレビサービスが無くて困ってる人たちへ

nuro光にはテレビサービスがないので、切り替えに躊躇している人は多いと思うが、2018年3月よりnuro光で新しいテレビサービスが始まったので、どうにかなるかもしれない。

このnuro光のテレビサービスの全容を明らかにしていくのであ~る。

nuro光でテレビサービスの
申込はココから


今年から始まったnuro光のテレビサービス

2018年3月からNTTサービスであったひかりTVを、nuro光でもついに利用出来るようになったんじゃ。

ひかりTVは簡単にいうと、ケーブルテレビで言うところのセットアップボックスである。

分かりやすく言うと、CS放送を観るためのサービスであるがスカパーやwowowのような工事は不要で、ONUから有線接続でひかりTVのチューナーを繋いで、TVに繋ぐだけで利用が出来る。

ひかりTV料金プラン
お値打ちプランテレビおすすめプランビデオざんまいプラン基本プラン
月額料金「2ねん割」適用(3~24ヶ月目まで)3,500円
2,500円
2,500円
1,500円
2,500円
2,500円
1,000円(2年割無し)
視聴可能チャンネル基本サービス
地デジ/BS
[テレビサービス]ベーシックチャンネル
[ビデオサービス]ベーシック見放題
基本サービス
地デジ/BS
[テレビサービス]ベーシックチャンネル
基本サービス
地デジ/BS
[ビデオサービス]ベーシック見放題
基本サービス
地デジ/BS

※別途チューナー代が500円/月(最大2か月無料)

シンプルに地デジとBS放送だけで問題無ければ、6,743円で3点セット利用することが出来るので、料金的にもそこまで高くはないんじゃ。

でもでも、ひかりTVを使う時に気を付けないといけない点がある。

1.テレビが複数台あると、その都度契約をしないといけない

JCOM利用者はイメージがつきやすいとは思うが、ひかりTVのチューナーからテレビは配信される仕組みだから、テレビが2台、3台あると2重、3重に契約をしないとならないんじゃ。

ただし、2契約目以降は世帯割引が適用されるので、毎月1,000円引きされる。(基本放送プランは適用外)

マンションならテレビ1台で済むかもしれないが、戸建てだと現実的ではないし、今は1台で済んでる人であっても家族が増えてくると、テレビの台数も自然と増えてくるのは必須だったりする。

2.テレビとONUは近くにないとダメ

上記でもお伝えした通り、

ONU—ひかりTVチューナー—テレビ

という形で配線がされるので、この3点は基本的に同じ部屋にないと出来ない。

また可能であれば、まとめておくことでスッキリとしやすくなるんじゃ。(でないと、部屋が配線でごちゃごちゃになる。)

しかし例外的に、光BOXとプレステ3があれば、ひかりTVチューナーとテレビが離れていても対応が可能なんじゃ。

その場合の接続イメージはこのようになる。
・光BOXを利用する場合(引用:https://www.hikaritv.net/user/various/hikari_box/)

・PS3を利用する場合(引用:https://www.hikaritv.net/user/various/ps3/)

キャンペーンでnuro光のテレビサービスをお得に!

ひかりTV for nuro光は2ねん割が適用されてるので、2年間は安いがそのあとは基本料金に戻ってしまう。

かといって、2年以内に解約したり「基本放送プラン」へ変更した場合は違約金が10,000円も発生してしまう。

解約するなら未だしも、「基本放送プラン」に変更した場合も違約金が発生するのはちょっとエグイな。。。

nuro光でテレビ見れないってマジ?!

nuro光にはテレビサービスが無いって知ってる人も多いと思うけど、地上波とBS放送をNTTのフレッツ光やJCOMなどのケーブルテレビで観てる人は、切り替えがなかなか出来なかったはず。

nuro光の代理店から、テレビアンテナを無料で建てるとか言われても、一回外したアンテナを再度建てるならこのままで!と言ってnuro光への乗り換えを見送った人も多いんじゃ。

また、中には電波障害地域でJCOMでないとテレビが映らないって人もいたので、物理的にNGな人もいたはず。

ただし、U-NEXT for NUROというオプションサービスがあるので、オンデマンド映像配信サービスは利用は可能なのであ~る。

もちろん、このサービスはU-NEXTにすぎないので、地デジ/BS放送は映らないしスカパーやケーブルテレビでやってるようなCS放送とも異なる。

なので、JCOM利用者はなかなかnuro光への切り替えが難しいと言える。

テレビの専門チャンネルも観れるし、アンテナだとテレビが観れない人も多いので環境的にNGな気もする(^-^;

JCOMは唯一、ネットの速度が遅いのが残念だが、安心して欲しんじゃ。

JCOMはテレビだけの契約や電話とテレビだけの契約が可能である。

JCOMテレビだけプラン
31CH単独契約不可
79ch5,280円
90CH6,280円
JCOM電話とテレビだけプラン
31CH2,638円
79ch4,328円
90CH5,328円

nuro光は電話とネットで500+4,743円=5,243円かかるのでJCOMと合わせるとこのようになる。

電話とネットがnuro光でテレビがJCOMプラン
79CH500+4,743+5,280=10,523円
90CH500+4,743+6,280=11,523円
ネットがnuro光で電話とテレビがJCOMプラン
31CH2,638+4,743=7,381円
79ch4,328+4,743=9,071円
90CH5,328+4,743=10,071円

参考までにJCOMで電話とネットとテレビをまとめた場合の料金を記載する。

JCOMの電話とネットとテレビ料金
31CH6,202円
79CH7,650円
90CH8,650円

※全て1ギガプランの場合

ネットだけJCOMからnuro光にした方が料金は安いし、またネットだけnuro光にすることで毎月1,000-1,500円は料金が上がる。

ネットが遅いストレスから解放されるなら、これくらいの料金は安いと思う人とそうでない人は必ずいるはずじゃ。

利用環境を吟味してしっかりと判断して欲しいのであ~る。

nuro光ではテレビアンテナを建てましょう♪

結論、nuro光を利用するならテレビはアンテナを建てた方がいい。

戸建ての場合、テレビは大体3-4台はあるだろう。それぞれ地デジとBS放送を観れるようにすると、約50,000円以上はかかるし場合によっては100,000円近くすることもあるんじゃ。

ちなみにわしの実家は、地デジ化にするときにテレビアンテナを一新して、70,000円近くはかかったんじゃ。(ちなみにテレビの台数は全部で5台)

nuro光のキャンペーンでテレビアンテナを無料で建てるというモノがあるが、これは少し気を付けた方がいいんじゃ。nuro光のキャッシュバックの相場が、30,000円から50,000円程度なので、足が出る可能性が高い。

つまり、代理店の方で、テレビアンテナを無料で建てると言ってきたとしても、テレビの台数や工事内容によって、負担額が出る可能性もあると言える。

実際にテレビアンテナキャンペーンを実施している代理店に確認すると、地デジだけのアンテナなら負担額はほぼ0円でいけるけど、BSやCS放送を希望されるとお客様負担になる、場合がある。

わしは最近だと民放でプロ野球をほとんどやらなくなったので、BS放送はある意味重宝してるくらいじゃ(笑)

BS放送は観ないし、NHK受信料も余分に払いたくないって人には、逆にいいかもしれないが。

関西でnuro光のテレビサービスってどうなるの?

関西だけでなく中部東海地方でも、ひかりTV for nuro光を使うことはまだ出来ないんじゃ。

2018年4月時点では、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木の1都6県のみであ~る。

3月に始めたばかりなのでまだ様子見の段階だろうか。

なので関西や中部東海では、ひかりTV for nuro光はどうしても使えないので、テレビアンテナを建てるか、ケーブルテレビであればテレビ残しのプランで利用するようになるんじゃ。

中部東海4県に限っていうと、コミュファ光が開通している地域でもあるので、もし現状でアンテナなしでテレビを観てるのであれば、コミュファ光にまとめた方が断然安くなる。

まとめ

・JCOMであれば電話とTV、TVだけのプランがある
・nuro光でひかりTVが利用出来るのでCS放送もバッチリ
・ひかりTV for nuro光のデメリットもしっかり理解すべし

JCOMからnuro光に乗り換える場合は、電話とTVを残して、ネットだけをnuro光にした方がリーズナブルに料金が収まる。(TVだけをJCOMで残すのと比較して)

ただ、JCOMで電話とネットとTV利用していた時よりも1,000-1,500円は料金が上がるし、またTVだけをひかりTV for nuro光に置き換える場合にしても、そもそも条件が難しいので自宅のレイアウトから考えないといけないのであ~る。

JCOMのネット速度に苦しむ人は多いが、簡単にnuro光に切り替えるのは難しいと言える。

しかし、PS4などのゲームで快適に遊ぶには、nuro光は必ずあなたの期待に応えてくれるに違いない。

nuro光はココでカンタン申込
ひかりTVの申込も可能♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする