nuro光から光コラボに乗り換えるってどうなの?


最近、nuro光から光コラボサービスに乗り換える人が増えてるらしい。その場合の各種手続きや流れをまとめていくんじゃ。

また、そもそもnuro光から乗り換えるメリットがある人はどのような人たちなのかについてもチェックしていきたい。

nuro光から光コラボに乗り換えると、光電話の番号が変わって面倒?!

通常nuro光から光コラボサービスに移行する際に、固定電話の番号は変わってしまうので乗り換えが難しいが、実は「電話番号は変わらずに変更出来ます!」と案内されるんじゃ。

これは一体どういうことなのか?

回答はとってもシンプルにアナログ戻しをしているからなんじゃ。

アナログ戻しとは一旦NTTアナログ電話を開通させること。固定電話の加入権を持ってるひとであれば、nuro光から番号替わらずに電話番号を戻すことが可能。

nuro光から光コラボに電話番号を継続する流れ
———————————————
1.NTTでアナログ戻しのお手続き
2.光コラボの申し込み
3.光コラボの工事が確定次第
開通工事に合わせて現在のサービスを解約/撤去
4.光コラボ開通
5.光コラボ電話申込・開通
———————————————
※アナログ戻しの費用は、2,000円~最大10,000円ほどかかる。

この手順であれば、固定電話の番号は変わらないので、利用者にとってはいいが、工事を2回もやるしアナログ戻しをする際に費用が最大10,000円はかかるので、デメリットも事前にチェックするべきなのであ~る。

また、nuro光の解約金や工事費についても実費になる可能性だってあるので、新規の光コラボのキャンペーンは細かくチェックした方がいいんじゃ♪

ウチはドコモユーザーだけどnuro光を続けるべき?

nuro光を利用している人で結構いるのが、家族でドコモを使ってるケース。

なぜこの組み合わせでやってるのか?については後述するが、ドコモ光で安くなることが分かれば乗り換える意味は十分にある。

nuro光ドコモ光
5,243円タイプA:5,700円
タイプB:5,900円

※戸建ての場合

ドコモ光に加入した場合の携帯割引

プラン名1か月割引金額
ベーシックシェアパック(~5ギガ)△800円
ベーシックシェアパック(~10ギガ)△1,200円
ベーシックシェアパック(~15ギガ)△1,500円
ベーシックシェアパック(~30ギガ)△1,800円
ウルトラシェアパック30△2,500円
ウルトラシェアパック50△2,900円
ウルトラシェアパック100△3,500円

※家族でパケットを分け合う場合

プラン名1か月割引金額
ベーシックパック(~1ギガ)△100円
ベーシックパック(~3ギガ)△200円
ベーシックパック(~5ギガ)△800円
ベーシックパック(~20ギガ)△800円
ウルトラデータLパック△1,400円
ウルトラデータLLパック△1,600円

※個人利用する場合

上記からも分かる通り、ベーシックシェアパックかウルトラシェアパックに加入している、もしくはベーシックパック(~5ギガ)以上であれば、料金はnuro光よりも安くなるのであ~る。

また、最近ではドコモ光も徐々にIPV6を導入しつつあるので、速度も安定してきてる。有線で下り2ギガの環境がないとどうしてもダメな人でなければ、ドコモ光にしても概ね環境変わらずに乗り換えるが出来るんじゃ。

nuro光からソフトバンク光に変更する意味ってあるの?

これは結論から言うと、変更する意味はないんじゃ。

ソフトバンクのスマホに割引が付くおうち割りは、nuro光でもソフトバンク光でもつくので、あえて回線の乗り換える必要はない。

しかし、2018年1月16日前であればおうち割りは、2年間最大2,000円の割引が付いたので、例えば、nuro光のおうち割りで2年間2,000円割り引きを付けて、その後にソフトバンク光に乗り換えて、再度おうち割りを2年間2,000円割り引きすることが出来たらしい。。。

これはあくまでわしの友人から聞いた話しで、実際に出来たとのこと。

2018年1月17日以降は永年1,000円か500円となってしまったので、今となっては確かめようとないことなのであ~る(笑)

ソフトバンクはキャンペーン自体はホントにいいが、回線の品質についてはトラブルや不満を感じてる人が多いので、ソフトバンク光からnuro光に乗り換えるのはオススメ出来るが、逆は全くもってオススメ出来ないのであ~る。

ただ、スマホをワイモバイルに変更する人については、ソフトバンク光(というよりはワイモバイル光)に乗り換えた方が割引が付く。

ワイモバイルのセット割引対象が下記に限定されてるからなんじゃ。
・ソフトバンク光
・ソフトバンク Air
・Yahoo!BB 光シティ

意外とnuro光でもワイモバイルに割引を付けられると思ってる人が多いので、注意が必要であ~る。

nuro光からbiglobe光に乗り換える人っているの?

特にnuro光に不満が無ければ、わざわざビックローブ光にしなくてもと思うかもしれないが、ビックローブ光のサービス内容が最近良くなってきたので言及していく。

ビックローブは元々NEC系であったが、2014年にビックローブ(株)として独立して2017年にKDDIグループ傘下に入った。

ビックローブ光電話とネットとプロバイダ
戸建て5,480円
集合住宅4,480円

そして、ビックローブ光に転用すると月額料金値引き特典を受けられる。(公式サイトより加入する場合)

戸建て△820円×24回=19,680円引き
集合住宅△980円×24回=23,520円引き

その為、以下のような料金となるのでリーズナブル。

戸建て5,480円-820=4,660円
集合住宅4,480円-980=3,500円

フレッツ光で工事費用の残債がある人でも、割引をしてくれるので嬉しい限りである。

もちろんビックローブ光に新規に加入した人は、工事費が分割で割り引いて相殺されるようになるので、安心して欲しいのであ~る。

また、ビックローブ光は2017年にKDDIグループになったので、auスマートバリューを適用することが出来たので、auスマホユーザにもメリットがあるんじゃ。

光コラボにするならnuro光から一旦NTT光に

そもそもの話しになるが、今現在nuro光を使ってる人で「NTT回線から変わらないと思って、nuro光にしてしまった!」そんな人がいるんじゃ。

言葉は悪いが「nuro光に騙されたと思ってnuro光に変更させられた人たち」であ~る。

彼ら彼女らは電話勧誘や訪問でnuro光に入ってしまっているが、よくあるパターンとして今の回線が使えなくなるとか、NTT回線を使って安くなるとか言って契約を迫ってくることがある。

nuro光にしてしまえば、安くなることが多いがもちろん、NTT回線ではなくソネットの光回線であるし、NTT回線が使えなくなったわけではない。

これは同業他社として、レベルの低い営業がやってしまう行動で相手を誤解させて(というかウソをついて)受注をとってしまうんじゃ。

nuro光に乗り換えると、請求はソネットから来るようになるし、nuro光は3か月目から付帯オプションが3,000円程度合計でかかるようになるので、付帯オプションを外さないと9,000円近くの請求が来てしまう。

お客様としては、こうなってくるとnuro光に対する印象が悪くなってくる一方なのであ~る(‘◇’)ゞ

特に中高年層(50歳以上)については、元々使っていたNTTフレッツ光の方が良かったと思ってる人が多いのであ~る。

話しはやや逸れたが、nuro光から光コラボにする場合、一旦フレッツ光にした方がメリットが多い場合がある。

nuro光の違約金をキャッシュバックしてくれる
光コラボのサービスによるが違約金補填をしてくれない会社が多いので、注意が必要じゃ。

 工事が1回で済む
直接光コラボに変更してしまうと、アナログ戻しをする必要があるので工事が2回は必要になるが、一旦フレッツ光にする場合は工事は1回で済むんじゃ。

各社光コラボの新規と転用キャンペーンを比較してみた!(2018年10月時点)

サービス名新規転用
ドコモ光dポイント20,000ptdポイント5,000pt
ソフトバンク光最大24,000円キャッシュバック/もしくは月額最大1,000円×24か月割引+違約金全額キャッシュバック(最大10万円)無し
OCN光2年自動更新1,100円割引
so-net光違約金最大50,000円キャッシュバック+1,400円×30か月割引220円×30か月割引
ビックローブ光25,000円キャッシュバックor1,480円×12か月割引+工事費無料IPv6対応無線LANルータが12カ月間0円820円×24か月割引+IPv6対応無線LANルータが12カ月間0円

※戸建てタイプの場合
※全て公式サイトから申し込む場合

ドコモ光やOCN光はキャッシュバックや違約金補填がないので、一旦フレッツ光にした方が方がいいのであ~る。

まとめ

・nuro光から光コラボに変更すると工事は2回実施
・ドコモやワイモバイル、auスマホを利用している人は光コラボに乗り換えるメリットあり
・光コラボのキャンペーンによってフレッツ光に一旦戻した方が良い場合が有り

nuro光から光コラボに乗り換える場合の流れやキャンペーンについてまとめたが、nuro光に騙されたと思っている人がいることは見逃せないんじゃ。

個人的に良いサービスなのに売り方が悪いために、悪評が流れてるのは残念で仕方が無いと思う。。。

光コラボサービスの新規特典を確認すると、ソフトバンクやso-net光、ビックローブ光が最近アツいから、この場合一旦フレッツ光にしなくても、直接変更してもいいかもしれないのであ~る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする