NTT西日本フレッツ光の料金をしっかり確認しよう!

自宅でNTT西日本フレッツ光を利用してる人は、しっかりと毎月の料金を確認してるだろうか?意外に気にしない人や知らない人も多いので、フレッツ光の料金確認方法から詳細な内訳について分かりやすく説明するんじゃ(^o^)

不要なオプションサービスも付いてる可能性があるので必見☆彡

そういえば。。。NTT西日本から明細書が来なくなって、フレッツ光の料金の確認方法が分からなくなった

NTT東日本は2015年1月より、NTT西日本は2014年12月よりご利用明細書を有料化されたんじゃ。理由としては、環境保護の取り組みとして紙媒体による請求書等を削減するため

時代に合った取り組みと言えるが、これにより利用者より毎月の料金が分からなくなったという声が多く出ているんじゃ(-_-;)

通帳を記帳すればわかったりはするけど、面倒になって料金自体を確認しない人は実のところ多いのであ〜る。

加入時には料金していてその後、放置している人はNTT西日本のフレッツ光は、途中料金が上がるプランなので、料金の確認はぜひともするべきじゃ。

また、フレッツ光を導入して5-6年は経過していて、ずっとほったらかしにしていたら当時よりも料金が高くなってる可能性大だから、一度でもご自身の目で料金を確認してほしいのであ〜る。

それに利用しているプロバイダが分からないとか、最近何かに替えたけどよく分からないなどについても料金が高くなってる可能性も高い(‘◇’)ゞ

そのため、毎月のNTT西日本フレッツ光の料金を確認するにはこのような方法じゃ(゚∀゚)

 毎月150円払い明細を発行してもらう
 口座通帳を毎月記帳する
 クレジット引き落としをしてクレジット明細をもらう
 Web明細サービス「MYビリング」にて確認

毎月150円も払うのは正直もったいないと思いますし、インターネット料金の合計金額だけ分かっても削れるものかも判断がつかないから、料金の明細が分かるものがあるのがベストなのであ〜る。

お金がかからずに、またすぐに確認出来るのがMYビリング。
(NTT東日本であれば@ビリング)

web上で無料で24h、料金を確認することが出来るんじゃ☆彡ユーザIDとパスワードをお忘れであっても、1週間程度で再発行することは可能なのであ〜る。

ただ、このようなwebサービスは他にも色々あって、IDとパスワードの管理がややこしくなるからわしの場合は、すべてグーグルのスプレッドシートで表を作って管理をしているんじゃ☆彡

スプレッドシートだと、外出先であってもグーグルIDでログイン出来ればすぐに確認出来るからめちゃくちゃ便利なんじゃ。PCや機械ものに疎い人やデータ管理が苦手な人には、オススメ管理術であ〜る。

特にずっとNTTフレッツ光を放置しておいた人がネット料金を確認する場合だと、IDやパスワードが分からないために、MYリビングにログイン出来るまで、非常に時間がかかる可能性がある(・.・;)

だから初めにこれを作っておくだけで、便利さはすぐにおわかり頂けるに違いない。不要なストレスを感じる必要もないんじゃww

NTT西日本フレッツ光の料金は大体これくらいじゃ

わし自身営業をする際、戸建てタイプで電話とネットを利用している人であれば、6,500-7,000円くらいでだいたいyesが取れるし、電話とネットとTVで利用なら7,000円前後でyesが取れるんじゃ!

しかし実際は・・・戸建てタイプで電話とネットであれば5,500円-6,000円くらいでTV込だと6,000円前後で利用出来るのだ!

細かく話すと、

サービス名料金
光電話500円
ネット回線3610円から4110円
プロバイダ 1,200円
フレッツテレビ670円

という内訳になるのであ〜る。

簡単に言ってしまうと、コレだけのサービスに入っていれば、電話とネットとTVを使えるわけだから、コレ以外のサービスは外しても問題ないと言えるのじゃ

だから、もしNTT西日本のフレッツ光で7000円くらい料金が来ている人がいたら、この後をしっかりと読み進めて欲しいんじゃ☆彡1ヶ月で1,000円前後安く出来る可能性があるかも。

ちなみに、マンションタイプであれば、そのマンションに導入されてる光回線の方式によってるくるけど電話とネットで4,500円くらい。

1ヶ月で1,000円も安くなれば、年間で12,000円も節約出来るからホントにデカイんじゃ。しかもオプションは外すくらいだから電話一本するくらいだから、まじで楽ちん〜

このギャップはマジでヤバイ(-_-;)正しいことを知ってるのとそうでないとでは、無駄な支払い額に雲泥の差が出てきてしまうのであ〜る!

節約出来るところはしっかり節約するのが賢い主婦の腕の見せ所でもあると思うんじゃ☆彡
インターネット回線は理解さえすれば決して難しくないから、インターネット初心者の奥様であっても基本的なところから覚えていって欲しいのであ〜る!

NTT西日本フレッツ光には無駄な付帯オプションが付いてる!?

NTT西日本フレッツ光加入時には付帯オプションがついていて、これが料金が高くなっている原因なんじゃ。

たとえば

サービス名料金
ひかり電話エース1,500円/月
ひかりTV1,500円
リモートサポート500円/月

などが最初のキャンペーンの適用条件としてついてるんじゃ。営業側からするとこれをつけるのとそうでないのでは、1件当たりの売上が3,000-4,000円程度違ってくるんじゃ。

それだけ!と思うかもしれませんが1ヶ月で500件獲る組織の場合、150万円〜200万円も売上として変わってくるのであ〜る(゚∀゚)

だから、基本的にこれらのオプションはベタ付して、不要であればお客様側の方で外すように案内するのが通常。付帯オプションは営業の代理店としては大きいのであ〜る!

よってお客様側は要らないオプションがあれば速攻解約しなくてはならないんじゃ(笑)オプションには基本的に縛りはないのですぐに解約出来るものが多い。

ひかり電話エース:1500円/月

ナンバーディスプレイやキャッチホンなど電話オプションサービスがパックになったサービスで、電話オプションサービスを要らないって人は外してOK。

そうすれば、ひかり電話の基本料金500円で抑えられるんじゃ。

ひかりTV:1,500円〜/月

チューナーをレンタして有料のCS放送サービス。はじめの数ヶ月間無料になってることが多いので観ないのであれば外すべき。ただし、それを過ぎると2年間解約が出来ないので注意が必要。

リモートサポート:500円/月

電話で問い合わせが出来るサービス。NTTの場合パソコン設定をする際にリモートサポートに電話して遠隔で設定するように案内をされるんじゃ。

当たり前のように使っていたNTTフレッツ光が少し不憫に感じてきてはないだろうか?今の時代固定回線は安くて速いサービスを利用するのが当たり前になってるから、まずはインターネット回線についてしっかり知ることから初めて欲しいのであ〜る。

もし、ネット回線の営業を受けてフレッツ光の料金が7,000円以上来てるから、変更してくれと言われても、まずはオプションの類を外せばOKだから変更を急ぐ必要はないんじゃ。

結論からいうと、NTT西日本フレッツ光よりも安く使える地域限定の光となる。プロバイダ変更やコラボ光ではNTTフレッツ光を利用しているから決して料金が凄い安くなるってことは無いのであ~る。

地域限定光ファイバー
東海地方(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県)ならコミュファ光
九州地方(福岡県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、佐賀県、鹿児島県)ならBBIQ
四国地方(愛媛県、徳島県、高知県、香川県)ならピカラ光
近畿2府4県(大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、兵庫県、滋賀県)+福井県ならeo光
関東地方(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県)、東海地方(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県)、関西2府3県(兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県)ならNURO光
中国地方(鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県)ならメガエッグ

まとめ

・NTT西日本フレッツ光は戸建ての場合、5,500-6,000円程度でマンションの場合は4,500円程度で収まる!
・ただし、余計な付帯オプションがついてると料金が上がるので確認するべき

NTT西日本フレッツ光に昔入ったことがあるけど、付帯オプションの説明がしっかり合ったかというと、それは無かったように記憶してるのであ〜る(・.・;)NTTだから安心・大丈夫だと思って、料金を確認せずにそのままにしておく人は今でも多いと感じるんじゃ☆彡

自分たちが利用しているブランドに安心しないで、消費者の視点として1度料金はからなず確認すべきだと思うのであ〜る!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする