JCOMから乗り換えようと思ったら困った話


50代男性公務員。
私の家のネット回線はJCOMネットのパック。ネットで言われているとおり、遅いです。

公称速度の半分も出れば、とても早いです。10分の1で御の字。ユーチューブを見るにも一苦労。さらにアップロードの速度が2mbps。その遅さにイライラする日々。

そんな、ある日のことです。障害が発生して、ネットが止まりました。メールもWi-Fiも全部みれない。

私の我慢は限界に達し、JCOMのサポートセンターに解約依頼の電話をしました。そこで、衝撃の事実が判明したんです!

高すぎるJCOMの2種類の撤去費用

JCOMを解約する場合、2種類の費用が存在します。1つ目は解約金、2つ目は撤去費用です。これは契約期間に関係してきます。

基本的に更新月を覗いて年体の契約です。更新月に解約すれば0円。更新月を逃すとその後1年間は契約解除料がかかります。

その金額ものすごく高いんです。なんと2万円。2ヶ月分の料金に相当します。契約期間を確認すると3ヶ月後が更新月。「今解約すると損ですよ」というオペレーターさんの声に心が揺らぎます

追い打ちをかけるように判明したのが2つ目の撤去費用。それは撤去費用!それも2種類。

JCOMの撤去費用は2種類あります。1つ目は、全撤去。これは、すべてのサービスを解約し、機器も撤去する方法。費用は6,000円

ケーブルテレビも電話もセットの我が家にとってありえない方法です。しかも、費用もかなり高い。

では、ネットだけならどうなのか?これが2つ目の部分撤去です。

ネットを解約するだけでも費用がかかります。費用は2,000円と安いのです。ただ、ネックになったのが更新月。実際に費用を計算してみると

2万円(違約金)+2,000円(部分撤去費)なのでネットを契約するだけで22,000円近くかかかります。

この2種類の解約金は我が家にとって大打撃です。

結局、JCOMの撤去費はどうしたのか?

更新月を待って、ケーブルテレビごと解約をしました。これなら、撤去費用だけで済みます。今は、フレッツ光を契約しています。速度も安定しており、大満足。

でも、JCOMさんにはモヤモヤと怒りだけが残っています。これから契約しようと思う方はよく考えて契約しましょう。

正直、JCOMの回線は遅いです。障害もあります。混雑時にはユーチューブもカクカクです。

プロ野球中継が見たいのならDAZNがあります。ドラマが見たいのならアマゾンプライム。他のネットサイトでも代用できます。

よく考えて契約しましょう。そうでないと安物買いの銭失いになりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする