風と雪でネット回線の調子が変わった体験

風の強い日や大雪の日のネット回線のトラブル

女性48歳・北海道・パート社員です。現在ドコモ光というネット回線を利用していて、プロバイダはOCNです。

以前はADSLの回線を利用していましたが、昨年2017年5月に光回線の工事をして導入しました。

光回線のほうがデーター通信の速度が早いと思っていたのですが、想像していたより然程スムーズではないと感じています。

更に強風の日などはネットのページを開くときに時間がかかったり、エラーが出てしまうことも時々あります。

また、無線LANを使用する際にルーターの接続も、パソコンの設定もきちんとしているのにもかかわらず、何度も『ネットワークに接続していません』と無線が繋がらない状態にもなります。

また冬季に大雪が降るとその影響なのか、ネット回線の通信状態が不安定になることもあります。

お天気に問題がないときにはあまり感じられませんが、悪天候によってトラブルが生じることが多いです。

家でパソコンを使って仕事をすることもあるので、ネットが不安定な状態ですとダメージは大きいです。

どうしてもネット回線を使いたいときは、仕方なくスマホを駆使しますが、wifiもいまいち不安定になるので、それも使えずパケットが減るのを覚悟でネットを見るという感じです。

時間に余裕があるときは天気が回復するまで、ネット回線を使わないようにしています。今のところコレが一番の対策だと思ってます。

eo光が風に弱いネット回線だと感じてる件について

男性33歳・兵庫県・自営業。私は自営業をしており、eoの光ファイバーを仕事場に通して使用しています。

ネット回線が繋がりにくくなる日は、決まって強風が吹いている日に起こります。

仕事場までに引かれているケーブルが風で縄跳びのように、しなっているのを何度も見ているので、風でケーブルが曲がることでネットに繋がらなくなるのではないかと思います。

何時までも繋がりにくい光ファイバーを使用する訳には行かず、私は対策を取る事にしました。

光ファイバーは電柱から引き入れており、仕事場の屋根伝いに設置されています。

そこで私は屋根伝いに設置されている光ファイバーを、ホームセンターで売っているねじ金具で固定することにしました。

壁の外壁に穴をあけるのは嫌でしたが、どうしてもネット回線が繋がらないと商売に関わるので、仕事場を借りている管理人さんに許可を取り、壁に穴をあけ金具で光ファイバーケーブルを固定しました。

すると、ケーブルが風で振動しなくなったのか、ネット回線が途切れることはなくなりました。やはり、光が通過しないくらい風でケーブル内が変形したのだと思います。
台風の時などは全然繋がらない時がありましたが、今ではケーブルをしっかりと止めたため、台風でも大丈夫になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする