鉄筋コンクリートの家でネットを快適にする方法

鉄筋コンクリートの家は無線の電波が入りにくい

私の家ではeo光をプロバイダーとして使っています。鉄筋コンクリートの家は電波が通り難く2.4ghz帯の電波なら何とか届く位でした。ノートパソコンに付属しているwifiの受信機では、微弱な電波は拾うことが出来ずまったく繋がりませんでした。

usbタイプの受信機ならば電波を受信は出来ますが速度は全然でませんでした。そこで私は、繋がり難くなる要因を一つずつ調べていくことにしました。

原因を調べることが大切だから。。。

まず、原因として挙げられるのはルーターの置いてある部屋のコンクリートの壁の厚みが繋がりにくい原因になることが分かりました。そうなると、コンクリートの壁を壊すわけにも行かないのでコンクリートの壁の少ないところにルーターを移動しました。

ルーターを移動して見ると入りやすい部屋と入らない部屋が出てきて、ルーターの位置を結局家の真ん中の部屋に移動させました。鉄筋コンクリートは電波が通りにくいのは分かっていましたが、ここまでとは当時の私は考えていませんでした。

こうなってくると、小型の移動可能な無線ルーターを中継器として利用してwifi電波を広げることを考えました。これは2台のwifi発信可能なルーターを使用して中継させる方法で、その一台を移動可能な小型の無線ルーターを使用するやり方となります。

しかしインターネットで調べると、ルーターからルーターの中継は有線の速度が落ちていき速度が下がりパソコンのインターネット回線の認識もしにくくなり、ネットに繋がりにくいという問題があると書いていました。

そこで私はしばらくの間はwifiの繋がりやすい部屋でノートパソコンを使用して、繋がりにくい部屋ではルーターからの有線ケーブルがきている部屋なら、有線ケーブルを使用してデスクトップパソコンを使用していました。

最新の中継機能付きのルータを買ったら良い感じに(^^♪

しばらくその状態でパソコンを使用していると、機器メーカーから無線専用の小型の中継機能つきのルーターが発売されそれを購入して使ってみました。このルーターは小型で鉄筋コンクリートの家であっても何処にでも持ち出して設置できるタイプのルーターで値段が安いのが魅力です。

このルーターを使用してみると、電波の受信率が増加してノートパソコンに元からついているwifi受信機でも電波を受信することが出来ました。また、電波が届かない場所が出来たとしてもルーターを持ち出してコンセントのある部屋にまでもって行き、電気をルーターに送ればその場所でもwifiが入るので無線専用の小型ルーターを購入してよかったと思っています。

もしルーターを持っていくのが面倒であるならば、ルーターを新たに増設すれば済むので手軽に電波を増幅できるのが良いです。今は我が家では無線用のルーターを使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする