転用して料金上がったのにはわけがある

転用して料金が変わってないとか、逆に料金が上がってしまった人は必見。

光コラボサービスがホントに安いのか?について教えるので、しっかりとチェックして欲しいのであ~る。転用して料金上がってしまった人に、対応策も伝えてるので確認するんじゃ。

フレッツ光を転用すると料金がホントに安くなるの?

まず前提として、転用とはNTTフレッツ光を使ったサービスに変更すること。これを光コラボレーションサービスとも言う。

ということは、各事業所はNTTフレッツ光をNTTから借りて一般ユーザーに販売しないといけないんじゃ。

NTTが光回線を4,500-5,000円(プロバイダ料金は別にして)で販売して利益が出ていたものを、各事業所がこれより安くして販売することで利益が出るだろうか?

もちろん、NTTに回線卸し料金を払わないといけないので、毎月自社に売り上げが入ってくるとは言っても、純粋な営業利益は少ないように思われる。

個人的な見解だが、長期的に利用してもらわないとお金にはならないと感じる。

よって答えは「NO」であ~る。

でも、売る側としてはどうしても顧客を獲得したいので、携帯とのセット割や初めの1-2年安く使えたりと、安く見せる工夫をするわけなんじゃ。

たとえば、

光コラボ基本料金キャンペーン料金
OCN光5,600円1年間4,900円
TNC光6,900円1年間5,300⇒2年目以降5,600円
ソフトバンク光5,700円スマホの割引を付けるために最低でも500円以上のオプションに入る必要がある

※電話とネットの料金
※時期によってキャンペーン料金が変わってることも有

NTTフレッツ光の料金は電話とネットとプロバイダ(1,000円/月)で

サービス名料金備考
NTT東日本6,200円ギガ推し!割引とにねん割適用時
NTT西日本5,800円光はじめ割り適用時

なので、良く言って500円-1,000円程度安くなるのが実際のところ(‘◇’)ゞ

厳密に言うと、東日本なら料金は下がるが西日本だと料金はあまり変わらないと言ってもいいかもしれない。

もっというと、西日本でもっともっと割が適用されている人であれば、最大5,110円まで料金が下がるので、転用すると料金が上がる危険性もあるのであ~る。

転用して料金が高くなったわけ

その1:税抜価格と通話料金が抜き

NTT東西日本のフレッツ光を利用していると、毎月6,500円くらい来てると営業に言われて、それが例えば、OCN光だと5,600円で使えるので毎月1,000円くらい安くなるのは問題ないか?とか言われる。

しかし、この5,600円には消費税と通話料金が入ってないのであ~る。
これに消費税(8%)と通話料金(仮に300円/月)を加算すると、

5,600円×1.08+300円=6,348円

となるので料金はほとんど変わらない(笑)
むしろ高くなったと感じる人もいるはずじゃ。

通信業界は料金を伝える時は全て税抜としてるので、個人的にも誤解させやすいと感じるくらいじゃ。。。

その2:余計な付帯オプションが入ってる

わしがコミュファの営業していると転用した結果、電話とネットで7,000円くらいかかってる人が実は多かった。

お客様はなぜ料金が高くなったのか正直分からないでいる。

例えば、光ギガとか・・・・


ネット回線の新規申し込みの場合、キャンペーンの適用上オプションがよく付けられるのであ~る。
事前に案内される場合もあるが、そうでない場合も多いのでやや注意が必要。

これはシンプルに売り上げを少しでも上げるためだが、解約し忘れを狙ってる側面もある。

なので、実際に何のオプションが初めてついていて、料金がかからないで外せるものかを事前に確認した方がいいのであ~る。

何か月以上加入しないとキャッシュバックがもらえない場合もあるんじゃ。

付帯オプションのことを聞いて、慌てて説明してきたら、その光コラボの業者は疑っていい。逆に、事前に加入時についているオプションのことを説明してきたら、その業者のことはぜひ信用して欲しい。

転用が悪質に行われることがあるらしい

転用することに「悪質」だというイメージを持ってる人が実に多いが、これはあくまで光コラボの業者(営業)が強引に、説明不足で、はたまたウソをついて獲得しているからであ~る。

光コラボが開始されたのが2015年からで、電話営業で「フレッツ光のまま安くなるし工事も要らない」という謳い文句で加入者が増えていったが、あとあと、とんでもないクレームになっていった。

・今よりも安くなると言われたが高くなってる
・NTTフレッツ光の契約が解約になってる
・フレッツ光に戻すと固定電話の番号が変わる
といったのがクレームの主な内容であ~る。

すぐに総務省から行政指導を受けてる業者(ハイビットやユーネクスト)もあったので、悪質だと世間から見られている。

わしが実際に、お客様から聞いた話として、ネット回線やパソコンについて詳しくない親御さんや奥さんから、半ば強制的に申し込みをさせるケースがあるようじゃ。

特に契約とお金だけ払ってる親からすると、工事もしないで安くなるのはいい話だと思って申し込みをしてしまう。

しかも、電話の相手がNTTだと思っているので何も疑う余地すらない。

転用して料金が高くなったらコレをしよう

まず転用すると、その時点でNTTフレッツ光では無くなっているし、電話してきた相手もNTTではない。転用した先の会社の方で、電話とネットとプロバイダを利用する形になるんじゃ。

物理的にはNTTの線とモデムがそのままなので、他社回線に切り替わってる実感は全くなく、NTTフレッツ光を使ってると思ってる人も多い(笑)

「えっ?でも明細はNTTから来てるけど」と思ったら、しっかりと明細を確認して欲しい。NTTファイナンスの明細の項目に「料金回収代行サービスご利用分」となってるのを。

これはNTTファイナンスが他社サービスの請求を代行して一括してるに過ぎない。つまり、それが書いたあった時点でNTTではないのであ~る。

実際に知らない人が多いが、転用したら固定電話が番号が今後回線を切り替える際に変わってしまう。

フレッツ光に戻したりほかの光コラボサービスに変更する場合は、新規発番扱いとなるので固定電話の番号が変わるが、KDDI系列の回線(もしくは他社回線)であれば番号ポータビリティは可能なのであ~る。

皮肉な言い方かもしれないが、光コラボにして失敗してしまった人は今の料金が高いサービスから、磔の刑になったかのように動けないんじゃ。

なので、例えばコミュファ光やnuro光であれば固定電話の番号も変わらずに、より安い料金で電話とネットを利用することが出来るので調子が良い。

それに乗り換えの際にかかる違約金も現金で補填してくれるから安心出来る♪

nuro光コミュファ光

関東・東海・関西にお住まいならnuro光で高速回線を体感するんじゃ。
>>詳細はこちら



愛知、三重、岐阜、静岡、長野にお住まいなら、コミュファ光にお得に乗り換えするんじゃ。
>>詳細はこちら

まとめ

・転用して料金が高くなるのはオプションが主な原因
・そもそも税抜価格や通話料金は抜きにして伝えられてる
・KDDI系列やソニーの光回線への乗り換えが解決方法

転用してなぜか料金が高くなったと思ってる人は、まずは料金の内訳や契約先を確認して欲しいのであ~る。

オプションを抜きにしてもフレッツ光より安くなっていない光コラボサービスもあるので、自分自身の目でチェックするんじゃ。

固定電話の番号を変えないためには、コミュファ光(もしくはauひかり)やnuro光への乗り換えが違約金補填もしてくれるのでオススメ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする