豊橋ケーブルネットワークのティーズってどうなの?

豊橋ケーブル(ティーズ)のサービス内容について検証してみたのである。実際の利用者の評判を元にまとめてみたので、豊橋市近辺にお住まいの方は一度チェックするといいのであ~る。

豊橋ケーブルネットの料金や速度とか

ティーズの光ファイバーサービスをティーズひかりというが、2015年9月に豊橋より提供開始されて、田原市旧渥美町にも2018年4月から光サービスが開始された。

ティーズひかりには、光5メガ/光100メガ/光1ギガの3種類プランがあって、電話とネットとTVでまとめると費用感はこのようになるんじゃ。

電話とネットとTV(CS無し)
光5メガ3,630円
光100メガ4,430円
光1ギガ5,430円
電話とネットとTV(CS有:シンプルコース53CH)
光5メガ5,630円
光100メガ6,730円
光1ギガ7,730円

※税抜価格

一方で同軸ケーブルプランでまとめるとこのような料金体系となる。

電話とネットとTV(CS無し)
1メガ3,630円
3メガ4,230円
8メガ5,030円
16メガ6,030円
35メガ6,430円
電話とネットとTV(CS有:シンプルコース53CH)
1メガ5,930円
3メガ6,530円
8メガ7,030円
16メガ7,430円
35メガ7,830円

※税抜価格

もちろんだが、どの市で加入しても料金が変わることはないんじゃ。

比較してもらうと、ティーズひかりの光5メガと同軸ケーブルの1メガが同じ料金になるので(TVはCS無しの場合)、同軸ケーブルよりもティーズひかりを選んだ方が料金が安く、また速度も速くなると言える。

豊橋ケーブルネットのエリアはこうだ

豊橋ケーブルネットワークは愛知県豊橋市、田原市、新城市で利用することが出来るケーブルテレビの会社じゃ。

上記3市ともに光ファーバーはしっかりと開通しているし、豊橋市と田原市については同軸ケーブルも併せて使える地域となってる。

また、集合住宅は豊橋市・田原市・新城市で2,170棟導入済みとなっていて、豊橋市であれば一部光マンションサービスとなるが、後は同軸ケーブルプランとなるんじゃ。

ただし、新規加入は全地域光ファイバーしか、出来ないようになってるのであ~る。

集合住宅は光が入ってるところが少ないので、同軸ケーブルプランが基本だと思った方がいいのであ~る。

戸建ての場合
エリア光ファイバー同軸ケーブル
豊橋市
田原市
新城市×
集合住宅の場合
エリア光ファイバー同軸ケーブル
豊橋市
田原市×
新城市×

ティーズのインターネットがつながらないってマジ?評判はいかに?

Aさん男性54歳・愛知県・自営業のケースを見ていく。電話・ネット(1ギガ)・テレビ毎月4,700円が基本料金で、従量制で電話使用料がプラス

新幹線沿いの住宅地のため電波障害地域となっていて、通常のアンテナでもテレビは映るが、新幹線の通行状況によってはノイズが入ったり画面がフリーズしてしまうため、テレビのみは元々ケーブルを設置してくれていた。

ネットと電話は別々で契約していたが、ケーブルテレビ局のプランを比較検討し、1本化するのが一番コストを抑えられるとの試算により、すべてを一括することにした。

良かった点
ネットも電話もテレビも1社でまとめられているため、何かのトラブルがあった場合でも連絡が楽で対応も早いため、その面での不安要素が少ない。
またテレビに関しては、地元ネタが多く、自分のこどもの小学校が紹介されたり、お祭りやイベントのライヴ中継など、結構親しみやすい番組が多いため、世代を超えて家族で楽しむことができる。
グルメ番組も多く、家内はランチのお店探しが楽になったと喜んでいる。この番組を見て、ママ友とのランチ先を研究している模様である。
この他、天気情報も地元が細かく紹介されるので、近隣へのお出掛けの際や学校行事の天気を確認するのにはとても役立っている。
悪かった点
ケーブルテレビ利用以前のネット会社の場合、利用年数による割引や、利用額に応じたポイントが付加され、商品やギフト券などと交換することができたが、現在はそのようなサービスは一切なし。年数割引の率は結構よかったので、この点は残念である。
またネットの繋がり方がやや遅く、今までのようなサクサク感がなく鈍い感じがする。(ただし大きなストレスを感じるほどではない)
ケーブルテレビの場合、ケーブル回線と光ファイバーのハイブリット型になるので、純粋な光ファイバーではないんじゃ♪

豊橋ケーブルネットを解約するとどうなるの?

ティーズは光ファイバーと同軸ケーブル関係なく、

最低利用期間は工事月を除いた6ヶ月間となります。キャンペーン等で無料期間がある場合はその月を除いた6ヶ月となります。

となり半年以内に解約すると、月額料金×残月分(6か月-利用月)の解約金が発生するんじゃ。ただしケーブルプラス電話は縛り無し。

例えば、ティーズひかりで電話とネット(1ギガ)とTV(CS無し)を2018年5月に工事して、2018年8月に解約する場合、(5,430円-1,330円)×(6ヵ月-2か月)=16,400円となる。

また、これに加えてティーズに入るときに、違約金補填キャンペーンがあってそれが適用されてる人の場合、2年契約となりそれまでに辞めるといつでも30,000円の解約金が別にかかってくるんじゃ。

もちろん、回線を乗り換える人が対象になるので、違約金がかからない人や新規加入の人は半年の縛りとなる。

最後に撤去費だが、ティーズひかりの場合だといつ辞めても10,000円かかり、同軸ケーブルの場合でも10,000円となるのであ~る。

なので現実的に考えると、ティーズひかりに入って半年以上2年未満の場合、解約金と撤去費併せると、40,000円(税別)じゃが、2年以上経過すると撤去費の10,000円(税別)で済む。

ティーズとコミュファ光ってどっちがいいの?

まずは料金面で比較じゃ♪

電話とネットとTV(CS無し)
ティーズひかりコミュファ光
光5メガ:3,630円30メガ:4,570円
光100メガ:4,430円300メガ:1年4,450⇒2年目以降5,005円
光1ギガ:5,430円1年3,990⇒2年目以降4,990円
電話とネット
光5メガ:2,830円30メガ:4,110円
光100メガ:3,930円300メガ:1年3930⇒2年目以降4,545円
光1ギガ:4,930円1年3,940⇒2年目以降4,940円

1ギガ同士だとコミュファ光の方が安いが、ネットの速度を落として料金を下げる場合にはティーズひかり光100メガの方が、コミュファ光の30メガよりも安く利用出来る。

また、TVにCS放送をプラスして加えると、ティーズにした方が料金は安くなるし、チャンネル数もティーズの方が多い。コミュファ光だとCS放送の番組ジャンルが絞られるので、一概に比較も難しいんじゃ。

電話とネットとTV(CS有:シンプルコース53CH)
ティーズひかりコミュファ光
光5メガ:5,630××
光100メガ:6,730円
光1ギガ:7,730円

電話とTVのプランやネットとTVのプランもティーズだと可能だが、コミュファ光だとネットとTVのプランが出来ないのであ~る。

そして、サービス面を比較すると

サービス名ティーズコミュファ光
地域愛知県豊橋市・田原市・新城市愛知県・岐阜県・三重県・静岡県
キャンペーン違約金補填全額+ネット3か月無料+無線ルータプレゼント違約金補填+キャッシュバック+商品券
速度1ギガ・100メガ・5メガ1ギガ・300メガ・30メガ
無線ラン無し有り(モデムに内蔵)
セキュリティウィルスバスター(有料)ウィルスバスター(1台分無料)
サポート訪問サポートが無料訪問サポートが有料

キャンペーン内容はコミュファ光の方が断然いいと言えるが、ティーズの違約金全額補填は面白い。

電話にてホントに全額違約金返してもらえるか?聞いたらそれは間違いないようである。

コミュファ光はココで
カンタン申込

まとめ

・ティーズは料金もサービスも良心的だと言える
・ティーズひかりは半年以上使っていれば、違約金と撤去費が最大40,000円
・1ギガより速度を下げる場合、コミュファ光よりも安く使える

ケーブルテレビは違約金や撤去費用が高額の会社が多いが、ティーズは良心的な金額であった。

1ギガでも速度がそこまで速いと感じてないという口コミがあったが、料金面や純粋な光ファイバーを利用出来る点を考えると、コミュファ光にした方が無難だと言える。

もちろん、CS放送や地域番組がどうしても外せない人はティーズを継続した方がいいに違いないんじゃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする