警告画面が多数でてパニック!PCの安全確認が習慣になった話

古いパソコンを使い続けていたらウィルス感染に!

ずいぶん前ですが、仕事で使っていたノートパソコンが突然ウイルスに感染して、やむを得ず処分した経験があります。使っていたのは富士通FMV-BIBLO、フレッツ光回線でプロバイダはOCNです。

パソコンはかなり古くなっており、画面がフリーズすることも多かったため、そろそろ買い替えの時期が迫っていました。でも在宅で仕事を請け負っていましたから、なかなか店に行く予定が組めず、なんとか古いパソコンで持ちこたえていたのです。

ところがある日、夜中に仕事をしていたら、いきなり画面が動かなくなり、警告画面が出てきました。あなたのパソコンは危険な状態です、ウイルス感染の恐れがあります、などの画面が複数出て消えなくなりました。

Windowsの画面でもあってもクリックはまずかった(‘◇’)ゞ

再起動をかけようとしたのですが、もはやキーボード操作すらできない状態で、仕方なく警告画面の1つをクリックしたのです。そしたらもっと多くの警告タブが出てきて、すぐに対処する、というボタンがあったのでそれもクリックしました。

でも、何をクリックしても警告画面は増える一方で、むしろどんどん事態が悪化しているように感じました。まだまだ素人だった私は、Windowsから発せられている画面なら、クリックしても大丈夫だと勘違いしていたのです。

他にも、Googleやchromeなどと記載されていれば、藁にもすがる想いでクリックをやり続け、早く画面を元に戻そうとしていました。結局、強制終了して翌朝電源を入れると、また同じ警告画面が出てきて、今度は動画サイトへ誘導するようなものまで増えていたのです。

コールセンターに相談するようなレベルでないことは、いくら素人の私でも理解できました。だからパソコンをもう一度強制終了して、新しいものを買うべき時が来たと思ったのです。

それからすぐに仕事先の人に携帯から連絡を入れ、パソコンがウイルス感染したことを話し、請けていた仕事の納期を延ばしてもらったのです。家電店に行って店員さんに、警告タブのことや、自分が多数クリックしてしまったこと、バックアップを取っていなかったことなどを話しました。

残念ながら保存データなどを取り出すことはできず、いくらWindowsと記載されていても、安易にクリックしてはいけないことを教わりました。感染ルートは定かではありませんが、直前に迷惑メールが大量に入りこんでいたり、ウイルス対策ツールの期限が過ぎていたことが原因だと思います。

いかにも素人な引っ掛かり方ではありましたが、これを機に安全ツールをしっかり使うこと、定期的に保護できているか確認する習慣がつきました。あれから月日が流れ、今ではもっと悪質で分かりづらいウイルスが出回っているらしいので、これからも気を引き締めたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする