私は光回線とポケットwifiどっちがいいの


私は光回線とポケットwifiのどちらを利用するべきか?迷ったことはないだろうか。それぞれのメリットとデメリットをまとめた上で、利用方法を提案できればと思うんじゃ。

今両方を契約していて、どちらか解約しようとしてる人や新規でどちらかを契約しようと迷ってる人がいたら、まずチェックして欲しい。

光回線とポケットwifiの違いって?速度はどれくらい違うの?

まずはカンタンに光回線とポケットwifiの違いをまとめてみる。

項目光回線ポケットwifi
料金戸建て6,000円
マンション4,000円
2,800~4,000円
速度1ギガ~10ギガ600~700メガ
通信制限無し有り(3日で10ギガ制限)
特典キャッシュバック有りキャッシュバック有り
安定性
工事有り無し
開通までの時間1-2ケ月即日

速度や安定性で言うと光回線がいいし、手軽さや料金面で言うとポケットwifiになるんじゃ。

光回線は自宅近くの電柱から光ファーバーを引き込みをして、ネットが利用出来るようになるが、ポケットwifiについては基地局から電波で繋いでるだけなので、工事不要で利用が出来るんじゃ。

最近ポケットwifiの性能が上がって、速度も下り700メガは最大で出るようになった。速度制限は「無し」とうたってるところもあるが、3日で10ギガ制限が必ずあるのでやや注意が必要。

速度については、正直光回線の方が安定がする。よくマンションで光回線を使うと夜ネットが遅い事象に見舞われるが、それはポケットwifiでも同じように利用者が多いがために発生してることなのであ~る。

家族がいると光回線の方が無難?!

ポケットwifiは最近のモノだと、同時接続台数が最大10台となってるために、「これもしかしたら、家族みんなで使っても大丈夫じゃない?」って思う人がいるかもしれない。

現実的に10台も一斉にwifi接続することはなく、いいところ3-4台くらいだと思う。

もちろん、同時で接続する端末が増えると、それだけでネット回線が遅くなるので、動画をよく観たり、オンラインゲームをする人には支障が出てしまう。

また、ポケットwifiにはギガ数の制限が1か月で5ギガとか7ギガとかあるので、それだけでパケット容量を超えてしまうリスクもあるんじゃ。

最近だとパケット容量に制限がないポケットwifiも出てるが、3日で10ギガ制限があるので、どのみち使いたい放題ではない決してない。

例えば、奥さんと二人暮らしで自宅ではスマホのwifiを繋ぐのがメインであれば、ポケットwifiの契約で事足りる可能性は大きいが、子供がスマホを使っていて、家族で動画を観る人がいるのであれば、光回線を導入した方がネット環境も安定するのであ~る。

動画がカクカクしない環境を求めるのであれば、光回線を選択するといいんじゃ。

一人暮らしだと光回線orポケットwifi?

独身時代に住んでるマンションにネット環境をどうするか?迷った人も多いかもしれない。わざわざ工事をするのは面倒だし、でもポケットwifiだと速度が出ないしetc…

ポイントは動画を観たり、オンラインゲームをしたりするかであ~る。

下記はUQコミュニケーションズの調査による参考値で、標準画質でも47時間で10ギガを超えてしまう。

つまり、3日で15.6時間なのでほぼ1日動画を観てる計算になるので、標準画質であれば足りると思うが、高画質となると足らなくなる人が出てくるのであ~る(‘◇’)ゞ

また、スカイプやZOOMなどのビデオ会議や通話ソフトを利用すると、最大1時間で2ギガは消費してしまうので、3日で10ギガなんてすぐである。

わしも彼女とスカイプで話しをするときに、会社から借りたポケットwifiを使っていたが、月中で速度制限を受けてしまったんじゃ(笑)

パソコンとスマホを同時にwifi接続をして、同じことをすると2倍パケットを消費するのでそれはご注意を。

一人暮らしでネットを頻繁に利用するということは、自宅に引きこもってる人が多いので、仕事人間でほとんど家にいないとか、休みの日も出かけることが多い人はポケットwifiで事足りるのであ~る。

光回線とポケットwifiをセットで使うべきなのはこんな人

データ通信を多く使う人がポケットwifiでなく、光回線を契約した方がいいということはお伝えしたが、光回線とポケットwifiを両方契約した方が良い人もいるんじゃ。

自宅でネットが入りにく部分がどうしてもある

これは戸建てで特に離れがある場合に該当する。その離れにはどうしてもwifiが届かない場合に、ポケットwifiでネット環境を広げるようなイメージじゃ。無線の中継でwifiの範囲を広げることが出来るが、鉄筋の家だと届かないこともあるので、その場合はポケットwifiがオススメ。

外出先でパソコンやタブレットを利用することがある

これは外回りをしている営業マンにいえる。お客様先でwifi環境をお借りするのは気が引けるし、相手からも図々しいと思われる可能性があるので、それであれば、ポケットwifiをしっかりと用意した方がいい。(会社からレンタル出来る場合もあるが。)

通勤時間が長く移動時間はアニメやドラマを見たい

自宅から職場まで2時間近くかかる場合、30分アニメなら4-5本は観れるし、ドラマなら2本は観れるようになる。これはあくまで電車1本で行ける場合だが、電車で大好きなアニメやドラマを観れたら気分もハッピーになると思うんじゃ。地下鉄にはwifiが入ってる所もがあるが、速度や繋がりで言うと断然ポケットwifiであ~る。

自宅だと仕事に集中出来ないから外で仕事したい

自宅で仕事をすると嫁や子供で集中出来ないことがあるが、そのような時に近くの喫茶店でお出かけ♪よく喫茶店ではフリーwifiが用意されているが、セキュリティーがないモノがほとんどなので、それよりはポケットwifiを使った方が絶対にいいのであ~る。

ポケットwifiと光回線をそれぞれ乗り換える時って?

ポケットwifi⇒光回線に乗り換える時
・外でネット回線を使わなくなった時
・でも自宅ではネットを利用する時
・自宅でオンラインゲームをしたり動画を観る時

光回線⇒ポケットwifiに乗り換える時
・外出先でネットを使うことが増えた時
・自宅でネットをほとんど使わなくなった時
・一人暮らしを始めた時

こちらについては、現在ポケットwifiと光回線の両方を契約している人が、どちらを残すか検討する時も参考にして欲しいのであ~る。

簡単に言うと、外出先でネットを使うことが無ければ自宅に光回線を引いた方が、料金が安く抑えられることだってあるし、使いたい放題なので通信制限を受けることもないので、良いのであ~る☆彡

料金についてだが、ポケットwifiは毎月4,000円前後かかることが多いので、これに固定電話のサービスを入れると、最大6,000円弱は発生してしまう。

項目料金
ポケットwifi4,000円
固定電話(NTTアナログ電話)1,600円
固定電話(おうちの電話)980円
固定電話(ホームプラス電話)1,330円
合計4,500円~5,600円

これだったら、コミュファ光の30メガプランで、電話とネットとプロバイダを4,110円で使った方が料金が安いし速度制限もないので、いいと思うんじゃ♪
(あくまでネットの速度も求めない場合だが。)

まとめ

・ネットの速度や容量が必要なら光回線
・外でネット使うならポケットwifi
・ポケットwifiでヘビーな通信をするには向かない

光回線を契約するかポケットwifiにするかについて、自分や家族のネット利用頻度を確認した上で選択することが大切である。

最近ではパソコンやスマホだけでなく、TVや防犯カメラなどの機器もネットに繋がる時代になってるので、光回線で利用した方が便利であ~る。

ポケットwifiについては、3日で10ギガ制限がある以上はまだサブ的な使い方になるのでは?と思ってるが、一人暮らしで家にほとんどいない人はポケットwifiをメインにしてもいいかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする