新しいパソコンを購入したけど設定に苦戦した体験談

設定が上手くできなかったときの状況と気持ち

私は20代男性で、会社員をしています。古いパソコンのOSを、マシンスペックのことも考慮し、更新しないままにしていたのですが、だんだん遅くなってきて使い物にならなくなってきたので、新しくデスクトップのパソコンを購入することにしました。

今まで、何台かパソコンを乗り換えてきて、その度に自分で色々と設定してきたので、今回も自分でできるだろうと、パソコンショップの設定オプションなどは購入せずに、自分で設定しようと考えていました。

いざ、開封し、使おうとすると、インターネットがなかなか接続できませんでした。すぐに無線ランが内蔵されていないことには気付き、有線で接続しようとしたのですが、モデムやルーター等の設定は上手くできているはずなのに、なかなか認識されませんでした。

その時、私は仕事上でもプライベートでも大切なメールを待っている時で、スマホではなく、パソコンで作業をしたいと考えていたため、インターネットがすぐに使えず、イライラが募るばかりでした。

焦れば焦るほど、上手くいくものもいかなくなっていくようで、力強く接続しようとしたため有線ランのジャックを壊して、またショップに買いに行きました。買いなおしてからも、モデムの設定を変えてみたり、パソコンの方の設定を変更してみたりと、色々と試行錯誤したのですが、それでも上手くいかず、途方にくれていました。

結局は初歩的なミスでした(;゚Д゚)

どうしてもすぐにインターネットを使用したかったので、近くのインターネットカフェに行き、作業をする片手間、今どうして自宅のパソコンがインターネットに接続できないのかについても調べました。

ただ、何度調べても自分がやっていた通りの回答しか得られず、結局家に帰ってもまた使えないということの繰り返しで、無駄にインターネットカフェのお金を使ってしまっていた状況でした。

そんなある日、もう一度ゆっくり最初から設定しなおそうと、落ち着いて設定してみると、意外にもあっさりインターネットに接続することができました。後から考えれば、有線ランの設定の方法で、入力する項目を少し間違っていたようです。

有線ランのパスワードやIDを入力する項目の位置がズレていたのです。

やはり、パソコンは生活に欠かせないものなので、すぐに使いたいですし、使えずに手間取ると焦りが出てきます。人間、焦りがあると、良くないということがよくわかりました。これからパソコンを設定する時などは、もっと落ち着いて行動するべきだと反省しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする