中古パソコンには注意

中古パソコンの初期設定に戻す方法が分からない・・・

私は40代男性の会社員です。いつも使っていた中古パソコンが何度か見たことがない画面(青色に白い英文がずらっと書かれていた)が出ることがあったので、自分なりに初期設定をしてみようと思ったのですが、初期に戻す方法がわからなかったのです。

コントロールパネルの画面が見れない状況だったので、どのようにして初期設定をすればいいのかわかりませんでした。自分が持っているスマホで調べて、いくつかの初期設定の方法を試すことになったのです。

そういえば、その中古パソコンを購入した時にリカバリーのCD-ROMがあったことに気づいたので、CD-ROMを見つけて、セットをしました。起動することがなくダメかなと思ったのですが、諦めずにCD-ROMを使わずに、手動での方法を試しみたのです。

なかなか初期設定の画面が出なく故障したかと思ったのですが、タイミングの問題かと思って、試した所ようやく初期設定の画面が出たので、その画面に沿って初期設定を行うことになったのです。

初期設定はどうにか出来ましたがデスクトップ画面が表示されない・・・

初期設定が始まって終わるまでに数時間がかかったことから、何とか初期設定を終えることが出来たのです。データをメモリに保存しておきたかったのですが、デスクトップの画面が出ないことからデータは断念せざるを得なかったです。

中古パソコンだったのでしょうがないと思ってたのですが、メモリに保存が出来ない状態になるということは思っても見なかったです。

その初期設定を行って、正常に起動することが出来たのですが、データが消えてしまったのだから、買い替えた方が良かったのではないかと、後から思ったのです。

中古パソコンは不具合が起こりやすい

そうすれば、こんなに中古パソコンの初期設定に苦戦することはなかったような感じがします。そういったことを思い始めたことで、初期設定は完了したのですが、買い換えを決断することになったのです。

中古パソコンを購入すると、不具合が起きやすいということが分かったので、もう二度と中古品は購入しないと決めたのです。

新しいパソコンを購入して初期設定の仕方も簡単でしたので、その手順に沿って操作を行ったことで、新たな気分でパソコンを行うことが出来たことは言うまでもないです。この失敗を繰り返さないように、定期的USBメモリに情報を保存することにしたのです。

これによって、万が一データを元にもどせない状況であっても、気持ち的に安心がすることが出来ます。パソコンを使用している年数が経ってる時には、パソコンの寿命も考えられるので、中古パソコンではなく思い切って新しいパソコンの買い換えを考慮することも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする