ソフトバンクエアーの解約料金が6万円以上必要となった


私は46歳の男性サラリーマンですが、以前ソフトバンクエアーというネット回線解約時に高い解約金を支払わされました。

これはちゃんとシステムを理解していなかった私にも落ち度があるのでなんともいえませんが、解約に6万円以上いるなんて思ってもらずビックリしました。

ソフトバンクエアーの始まりは勧誘の電話でした

解約することとなったソフトバンクエアー、これに加入するキッカケとなったのは勧誘の電話です。
私のスマホはソフトバンクだったのですが、ソフトバンクエアーもソフトバンクからリリースされてるサービスです。

ですので、スマホセットだと料金が安くなりますよ~と連絡を受けました。当時私が利用していたネット回線はADSL。

ADSLって電話回線を使うもので、15~20年前は大人気のネット回線でした。通信量制限もなく使いやすいのですが、とにかく回線速度が遅いんです。大体下り6m/bps、上り1m/bpsしかありません。

下り6m/bpsは、動画視聴程度なら問題なく出来ます。しかし上り1m/bpsはとても遅く、友人にファイルを送るのは不便だと感じてました。

これより早くなるならソフトバンクエアーもありだな・・と思い加入しました。ADSL同様、通信量制限のないネット回線でしたし使い勝手が悪くなるとは思ってもみませんでしたから。

このように期待してソフトバンクエアーと契約したわけですが、残念ながら期待通りの性能ではありませんでした。

まさか通信速度がADSLより遅くなるなんて、思ってもみませんでしたから。しかも通信速度は安定せず、ADSLより早い下り10m/bpsの通信速度がで出る時間帯もあれば、下り1m/bpsぐらいの時もあります。

正直、ソフトバンクエアーにダマされた・・・・という印象を受けました。

最初の頃はソフトバンクエアーに問い合わせ電話をし、通信速度の現状を話しました。

スタッフからはモデムを再起動させてください、通信環境の良い場所に本体を設置してくださいとアドバイスをもらいました。しかしどれを実行しても通信速度は改善しません。

動画視聴するだけでもカクつくこともありますし、もう無理だ!と3ヶ月目でソフトバンクエアーの解約を決意しました。

まあこういうのって大体2年契約ですし、これぐらい早期解約すると解約金が発生するのは理解していました。といっても解約金なんて9500円ぐらいのものですし、これに月額利用料金を足しても(4500円程)。

まあ15000円あれば普通に解約出来ると思ってました。しかし私は利用していたのは、ソフトバンクエアー本体を購入していたんです。レンタルより本体購入の方が安かったので、購入を選んでいたようです。

つまり先ほどの解約金+月額利用料金+本体代金残債が必要となりました。その総額は68000円ほどでした。

解約金の支払いは纏めてではなく月払いで済んだのは助かりました。というのも私のスマホはソフトバンクなので、スマホ利用料金の支払いに毎月加算されるようになったからです。

ソフトバンクエアーをたった三ヶ月利用して解約するだけで、こんなにかかるんだ・・・とビックリしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする