コミュファ光って転用出来るの?

結論から先に述べると。。。コミュファ光で転用することは出来ないんじゃ。転用はあくまで、NTTフレッツ光から変更した場合に出来るので。

そもそも転用って何?コミュファ光と関係あるの?


転用とは・・・カンタンにいうとNTTフレッツ光を利用している人が、別の事業者のNTTフレッツ光を使った別回線のサービスに乗り換える手続きのコト。この別の事業者の新しいサービスを光コラボサービスと呼ぶのじゃ
※ただし工事は基本的に不要

たとえば、、、
ドコモ光
ソフトバンク光
光ギガ
OCN光
ENE光
光速トク
クイック光
など。。。

この光コラボは2015年2月よりスタートしたけど、ドコモやソフトバンクの携帯とのセット割にしたくて、安くなると案内されて加入したりしたが、
・思ったより安くなってない
・実際は料金が上がってしまった
って人もいるくらいなのじゃ(・・;)

あくまでNTTフレッツ光を使ってないと転用は出来ないんじゃ。

コミュファ光を使っていても転用は出来ないし、もし光コラボにする場合は、その行為は乗り換えと言うんじゃ。要は、いったんコミュファ光を解約して新規に光コラボサービスに入ることになる。

あまり違わないんじゃない?って思ったかもしれないが、フレッツ光から光コラボサービスにする場合

 フレッツ光の違約金がかからない
 工事不要

この2点が大きなメリットとなる。

基本的に転用手続きの場合、電話案内や店舗申し込みだけで出来るから工事は要らないのであ~る。それに物理的にフレッツ光を使ってるわけだから、フレッツ光の違約金はかからないのがいい。

通常、ネット回線サービスは導入するにあたり工事も必要となるが、それに対して光コラボはフレッツ光を利用していれば、工事無しで利用が出来るので、加入に当たっての敷居が低い。

そのため、光コラボサービスは各事業者がお客様の囲い込みをするのに有効な手段と言えるのであ〜る☆彡

光コラボサービスから別の光コラボサービスへの切り替えは電話番号が変わってしまうので、とっても切り替えが難しい(・・;)だからこそ、各事業者は最初の顧客を獲得するのに躍起になってるのじゃ。

なぜコミュファ光で転用出来ないの?

ここまで読むと、コミュファ光でもフレッツ光と同じように回線の貸し出しが出来るんじゃないか?って思うかもしない。

しかしコミュファ光はあくまで地元の光ファイバーだから卸売り業してもあまりうまみがない、というか意味がない。

どういう事か?

コミュファ光は2017年7月で80万契約を突破していて、1年で10万回線増えている計算になる。つまり、売れてる商品と考えられるんじゃ。

なぜかというと、コミュファ光は中部東海4県限定で、対象者が限られてる分、料金が安いし、サーポートも手厚く出来る仕組みがあるんじゃ。

このサービスの仕組みを他社に卸したとしても、サービスレベルが高くて運用出来ないと考えられる。

つまり、卸売りしたとしても
・利益を確保するために料金上昇
・ノウハウがないのでサポートの質の低下
があり得るんじゃ。

地元で愛されてるスーパーがフランチャイズ加盟店を募集しないのと一緒じゃ。真似できないし、それに自社の独自性を出せないから。

転用は全国で使えるフレッツ光だからこそ、自社の独自性を出しやすくなる。

知名度があって利用者がすでに多いモノやサービスであればあるほど、卸売り業をする方とそれを受ける事業者はメリットが大きくなるのであ~る☆彡

通信系の用語チェック
転用フレッツ光から光コラボサービスに変更するコト
新規新設で光コラボサービスに加入するコト
乗り換え別回線に切り替えるコト

コミュファ光と光コラボはどちらがいいの?

コミュファ光と光コラボの違いが分かったところで、果たして自分にはどっちがいいのか?についてまとめていきたい。

この問いについてもとってもシンプルだが、コミュファ光が利用出来るのであれば、コミュファ光を使った方がいいと言えるんじゃ。

転用してしまうとそれ以降の窓口がすべて転用先の会社になるから、サポートについても不満な対応も多いし実際、対応する事業者側もサポート体制に不安を抱えるところも多い。

提供する側が不安を感じてるにも関わらずに、営業側がガンガン獲得してしまうので、加入者が増えてしまう。その加入者もNTTが解約になるなどのデメリットについて、ほとんど理解してないので、トラブルが増える。

これはホントに負のスパイラルであ~る。

光コラボのサポートをやってる知り合いがいるが、彼が言っていたのは「一番いいお客様はNTTだと思って光コラボに加入してくれて、そのまま料金も確認しないでNTTだと思って利用を続けてくれる人である」と。

誤解のないようにいっておくが、全ての光コラボのサービスが悪いわけではない。前提として自身でしっかり安くなるなどのメリットを把握した上で、使ってる人であれば問題ないのであ~る。(実際ほとんどいないが)

コミュファ光は地元のサービスで、地元の皆様に愛されるように日々奮闘しているから支持されてるんじゃ(・∀・)

実際に中部地区でお客様満足度NO.1のサービス。

会員向けコンタクトセンターは365日営業で電話した際に、20秒以内に担当が出るように徹底に教育されているしコミュファ光を長期ご利用の会員には「ゴールドメンバーズ」というものがあって、これはなんと365日24時間専用のダイヤルを用意されてる。

まとめ

・コミュファ光に転用は出来ない
・転用が出来るのは今フレッツ光を利用している人だけ
・光コラボよりコミュファ光を使ったほうがメリットは大きい

転用や新規や乗り換えの違いをまとめてきたが、感じることは転用が始まったことで回線の種類が増えすぎていて、買う側も売る側も何が良いか?分からなくなってるんじゃ。

今だに光コラボの被害者が多いので、有無を言わさずにコミュファ光に乗り換えた方がいいといった方が早いくらいだが、何よりも正しいコトを知って、自身でメリットのある回線を選べるようになって欲しいと願うばかりであ~る。

地元に愛されるコミュファ光はココじゃ(^o^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする