youtube中毒で仕事に行けなくなりました!


私は27歳男性フリーターで福島県に住んでいました。そこでインターネット環境を利用して動画を見ていたと思います。そして徐々に動画中毒になって困ったのです。

動画サービスに夢中になって時間が経過した時

私はパソコンを買ってから仕事に使っていました。しかし時間が余って動画サービスに入ることを覚えました。動画サービスは昔からあって斬新な内容だと思いました。

また私が大人になる時には、動画サービスが大きくなっていたこともあります。例えばyoutubeやニコニコ動画は大いに浸透していました。それで勢いもあって動画サービスに夢中になっていったのです。

動画サービス中毒は知らない間になっていたと思います。具体的には午後10時くらいから動画を見て深夜に寝ていました。ある時には夜の2時頃にも寝ていて仕事に行けなかったのです。

私はこういう状況で生活をして動画サービスに夢中になっていると思いました。そのレベルが中毒クラスだったので問題視しました。

しかし私は動画サービスの利用が生き甲斐で止めることは不可能でした。なぜならこれが大きなストレス解消方法になっていたからです。

つまり動画サービス中毒は自分にとって必然的な結果でした。

利用した動画サービスとその中毒性とは

私は複数の動画サービスを使っていて夢中だと思います。具体的にはyoutubeとニコニコ動画を何度も使っています。この動画サービスは人気もあるので分かりやすいです。

またニコニコ動画はコメントがあって一緒に見ている感じがします。それが面白いので動画サービス中毒に影響したと思います。実際にニコニコ動画のコメントが面白くてそれだけ見ていたことも多いです。

youtubeは色々な動画を見れるので非常に良い経験をしました。映画や音楽の動画を見て深夜になることも多かったです。

例えばアニメを見ることもできて必死になって作品を探していました。検索も楽だったのでyoutubeは安定感がありました。

こういう動画サービスがあったので私は直ぐに中毒になったと思います。

結局は動画サービス中毒は抜け出せないので残念に感じます。動画サービス中毒は危険なので止めるべきだと思います。しかしストレス解消になるので無意識的に動画を見ています。

また止める方法はインターネット環境を改善することだと思います。具体的にはインターネットをシャットアウトすることなのです。しかしそれだと仕事に影響するのでインターネットは必須です。

私は今後も動画サービスを使って時間潰しにはなると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする