toppaの電話が繋がらないときにコレやってみて



 toppaに問い合わせしたいのに

 toppaを解約したいのに

電話がつながらないって時があると思うけど、そんなときはメール問い合わせじゃ☆彡

メールなら電話しても繋がらないストレスもないし、夜遅くでも出来るからいいね♪普段忙しい人にはメール問い合わせはオススメだね~

toppa利用者は不思議と問い合わせ電話がつながらないことに疑問を持ってないけど(というよりは諦めてるといった方がいいかも)、冷静に考えて欲しい。

例えば、自分が加入した保険の会社に質問があって電話しても中々、繋がらなかったら、正直詐欺かもしれないと焦るだろう!分かりやすく伝えると、そのようなことが発生していると言っても決して過言ではないんじゃ( ノД`)シクシク…

toppaに電話がつながらないときはメールで問い合わせをしてみるんじゃ

toppaサポートセンターは月曜から日曜の10時から18時まで空いてるようだけど、今でもやっぱり電話してもつながりにくいようじゃ(・・;)

一般的にネット回線の問い合わせの電話口は土日に増えるので、NTTであろうが他のプロバイダであろうが平日に電話をしたほうが間違いなくつながりやすいのであ〜る!それも特に午前中なんじゃ!

10時になってすぐくらいであれば、ほぼつながると言っても過言でないのじゃ。しかし、もちろんそんな時間に電話なんて出来ないとか、電話しても繋がらないってこともあるからそんな時にはメールで問い合わせをまずしてみるのがいいんじゃ☆彡

FAQにも載ってるけど、解約の手続きは電話だけでなくメールでも出来るようなんじゃ\(^o^)/

ご契約の解約手続きは、
ご契約者様ご本人からお電話、
メールで承っております。

最低利用期間内に解約をされる場合は、
契約解除料を請求させていただきます。



また、ご解約後はToppa!メール、
ユーザーツールのご利用はできません。

※無線LAN機器等を
レンタルされている場合、
ご返却いただけない場合は違約金を
別途ご請求させていただきます

まずはメールで連絡するだけで、より解約手続きや問い合わせに対する回答をもらえるのがスムーズになる可能性は大なんじゃ☆彡

せっかくの休みの土日につながりにくい電話問い合わせで、時間を使ってストレスに感じるよりはメール一通送って回答を待った方が絶対にいいと思うんじゃ(^^)/

ただ電話の方がすぐに解決出来るから早いって思う人もいるから、まずは電話して電話繋がらなそうだったら、メール問い合わせに切り替えるやり方が利口だと思うのであ~る。

toppaサポートセンターの問い合わせ先はココじゃ

toppa!サポートセンター(カスタマーサポート)
0570−783−108+音声ガイダンス[1]/[2]/[4]
Toppa!サポートセンター(テクニカルサポート)
0570-783-108+音声ガイダンス[3]
toppa!モバイルサポートセンター
0570-783-407
映像カスタマセンター
0570-666-168
toppa!タブレットサポートセンター
0570−783-542
toppa!スマートフォンサポートセンター
0570-783-701
苦情(お客様相談窓口)
0570-666-650

※受付時間10:00〜18:00(年末年始除く)

そして、光ギガの利用者よりこのような口コミを貰ったことがあるんじゃ。

まず、ハイビットは電話がなかなか繋がりません。1日何回かけても繋がらず、それが何日も続いたので、流石に頭にきて苦情受付の電話番号にかけたら直ぐに電話に出ました。

通常のサポートセンターに電話して繋がらなかったら、「苦情(お客様相談窓口)」に電話してもいいかもしれない。ハイビットはクレームも多いサービスなので、クレーム対応の回線数や部数を増やしている可能性は高い。

試してみる価値は十分にあるのであ〜る☆彡

また、最近になってハイビット社はホームページからサポートセンター混雑状況が分かるようになった。過去1週間単位でわかりやすいようにまとめられてるんじゃ。

参考:http://support.tp1.jp/state.php

特に注目してもらいたいのがtoppaの連絡先はすべてフリーダイヤルじゃないって事じゃ。電話して繋がらなくても通話料金はかかるってことになるので気をつけること。

toppaはどんだけ、がめついんだ~(;゚Д゚)

固定電話(光電話)から電話した場合
8円/3分✕30分=80円
携帯(ドコモでタイプL)から電話した場合
10円/30秒✕30分=600円

もかかるわけなんじゃ。。。

電話が繋がらないといって、やりがちなのが電話を鳴らしっぱなしにする行為。これだととんでもなく通話料金がかかるから気を付けて欲しんじゃ。

多くのプロバイダ会社はフリーダイヤルを用意しているのに対して、toppaは未だにフリーダイヤルでない番号なのは驚きであ〜る(・・;)

安くなるってことで切り替えをさせたにも関わらず、料金が上がってるし、しかもその問い合わせの電話をする際も通話料金を取るなんて人間非道とも感じる(-_-;)

しかも、元光通信で働いていた人から聞いたことなんじゃが、toppaのサポートセンターは中国人がやってるようなのでそもそも大丈夫か?と心配なのであ〜る☆彡正直日本人が中国人に対して、日本のプロバイダのことを質問するのも不思議というか可笑しな感じがしてしまう。。。

toppaは光通信系のサービスなので池袋に会社があるので、池袋に中国人や韓国人が多いのもうなずける。

時給が高いコールセンターの仕事がある池袋にだからこそ、このような中国人や韓国人が集まってると予想出来る。(池袋は実際に風俗街も発展してるので、仕事を選べない外国人が働きやすいのかもしれない。)

池袋の会社だから中国人をやってるのか?事実は分かりかねるが使いにくいtoppaは即効解約した方が気持ちも楽だと思うんじゃ(^o^)toppaやNTTフレッツ光の違約金はキャッシュバック出来るキャンペーンもやってるから、実損なく切り替えことが出来るんじゃ( ゚Д゚)

まとめ

・toppaは料金も高くて電話もつながりにくい
・電話繋がらないtoppaはメール問い合わせがスマートかも
・苦情(お客様相談窓口)に電話したら繋がりやすいかも
・電話するときは通話料がかかるからマジで注意

解約の手続きや問い合わせがメールでも出来るのは、いいと思うが返信のスピードやサポート面については未知数な部分だと言える。ただ中国人がサポートをしているので期待値は正直言って高くはないと言えるんじゃ(;゚Д゚)

利用者の立場から思うに、安くなると言われて切り替えても料金が上がってるし、電話しても繋がらない会社はすぐにでも解約した方がいいのであ~る!(加えて、電話の通話料金も取られる。。。)

各お住まいの地域で最安値の光ファイバーがあるから、その違約金キャッシュバックキャンペーンを使えばお得に切り替えが出来るんじゃ。

たとえば、関東ならnuro光、中部東海地方ならコミュファ光、関西地方ならイオ光、中国地方ならメガエッグ、四国地方ならピカラ光なんじゃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする