auひかりの口コミと評判から見た!auひかりのメリットとデメリット


auひかりを利用してるユーザーからの口コミを元に、auひかりのメリットとデメリットを書いてみたんじゃ。auひかりにしたほうが安くなる人とそうでない人をしっかりとチェックして欲しい。

ホントに安くなるの?auひかり料金とは?

auひかりの営業を受けたことがある人は言われたことがあるかもしれないが、NTTフレッツ光や光コラボサービスからauひかりに乗り換えると、電話とネットの料金が安くなると。

結論、これは安くならないのであ~る。

なぜかというと、auひかりは戸建てタイプで電話とネットで最大で5,400円となるからである。もちろんこの金額は税抜金額であるので、税込で最低でも「5,832円」はかかるんじゃ。

auひかりの料金は戸建てと集合住宅でこのようになる。

戸建て(ホーム1ギガ:ギガ得プラン)
電話とネットとプロバイダ料金
1年目2年目3年目
5,600円5,500円5,400円
戸建て(ホーム5ギガ:ずっとギガ得プラン)
電話とネットとプロバイダ料金
1年目2年目3年目
5,600円5,500円5,400円

※4年目以降はauスマートバリューに加入してると5,400円。加入していないと5,900円となる。

戸建て(ホーム10ギガ:ずっとギガ得プラン)
電話とネットとプロバイダ料金
1年目2年目3年目
6,380円6,280円6,180円

※4年目以降はauスマートバリューに加入してると6,180円。加入していないと6,680円となる。

集合住宅(マンション ギガ)
電話とネットとプロバイダ料金
4,550円

NTTみたいにプロバイダが別請求になることもないのでシンプルな料金体系と言えるんじゃ。

2018年になって新しく5ギガと10ギガプランが増えていったので、速度重視のユーザにとっては嬉しい限りである。特に1ギガと5ギガが同じ料金体系となってるので、お得度が高いのであ~る。

賛否両論!?auひかりの口コミと評判はコレだ!

auひかりの良い口コミと評判
J:COMとauは提携関係なので、J:COMでも割引はあったのですが、J:COMのインターネット回線はトラブルが多く、速度にも不満があったので、契約更新月を待ってauひかりに切り替えました。
auひかりにしてよかった点は、やはりスピードです。実は、光回線はもの凄く速いだろうと過剰な期待していたので、期待ほどでもなかったのですが、それでも速くなったことを実感できます。使用中にフリーズする等のトラブルもなくなりました。
固定電話もauひかりのオプションに切り替えたので、スマホの割引なども考えると、トータルの料金もお得です。代理店を通じて申し込んだので、キャッシュバックがあったことも大きかったです。
プロバイダをso-netにしたので、so-netからもキャッシュバックがあり、合計で43,000円戻ってきました。so-netでは、インターネットセキュリティのカスペルスキーを2年間無料で使うことができるというメリットもあります。
子供が2人いますが、私のスマホで動画をみたりすることも多いのでネット環境を整えたいと考えていました。auひかりで契約をすると月額5100ですが、スマホ代金が1台につき最大2000円の割引になります。
我が家は3台のスマホを所有していますので3台×2000円なので6000円の割引になります。スマホの割引代金でauひかりを契約しても良いな、と感じで契約をしました。
契約時期にキャッシュバックキャンペーンをしていたので30000円がキャッシュバックされたと思います。キャッシュバックの方法も契約して1ヶ月後に銀行口座に振り込みをしてもらいました。他社で契約をした知人がキャッシュバックを受けるのに、アンケートを書いたり面倒な事が多かったと言っていましたが、そんなことは全くありませんでした。
店員さんからauひかりの話しを詳しく聞いてみると携帯電話の料金が安くなるだけではなく料金体系が分かりやすいことを知りました。ずっとインターネットは、フレッツ光を利用していましたが料金体系が最近では分かりにくくなっており、不満に感じていました。
auひかりの悪い口コミと評判
デメリットとしては、2年未満で解約すると、工事費の残債を支払わなければいけないことです。(実質、違約金と同じです。)2年未満の場合は、たとえ転居であっても工事費を返金することになるので、すぐに引っ越す予定がある人は要注意だと思います。
改善して欲しいと思う点は、スマホの割引効果が2年で終ってしまうことです。そのため、2年後には他社への乗り換えなども考えないといけません。
説明を聞きに行くのも面倒なのでできたら長く使いたいと思います。解約をする際に手数料が取られるのも改善してほしいです。
ただauひかりに替えてから、家でインターネットを使ったいる時に以前より速度が遅くなったような気がしています。その点が改善されれば、auひかりに替えて良かったことばかりです。(マンションタイプで利用)
あえて言うなら固定電話がauひかりのプランにセットされてしまうことでしょうか。以前、固定電話のオプションをはずしたくてauひかりのページから試行錯誤しましたが、うまくできませんでした。auひかりに電話で問い合わせをしたところ、オペレーターの方がとても丁寧に対応してくださいました。なので、印象が良いです。大きなデメリットは感じていません。
auひかりはちょっと他より高いという噂も聞きますし、また、スマホが別会社でも、割安になるようなサービスがあれば、このままauひかりから変更することはないと思いますので、その点が改善されたらいいなと思っています。

auひかりに乗り換えるとメリットがある人とは?

口コミと評判から分かるようにauひかりに乗り換えるとメリットがある人は大きく言うと、3ケース考えられるんじゃ。

1.auスマートバリューを受けられる人

auひかりと言えばまずはauスマートバリューで、auスマホやタブレットを持っていれば1台あたり1,000円の割引を永年受けられる制度である。(2018年9月時点)

以前は最大2,000円の割引を受けることが出来たが、携帯プランや割引金額の見直しがあって、今では永年500円or1,000円だと思った方が無難なんじゃ。

また、auひかりでauスマートバリューに加入すると、さらなる特典が。

4年目以降も高速通信料金を500円割引5ギガと10ギガプラン利用者限定で通常は4年目から料金が500円上がる。
無線LAN利用料無料通常500円/月が無料に
auひかりスタートサポート他社携帯電話の解約違約金相当額を還元

2.今のネット回線の速度に多少なりとも不満がある人

auひかりは1ギガプランでも速度が結構出るようなんじゃ♪さらに5ギガと10ギガプランも用意されてるので、ネットのヘビーユーザーにはオススメが出来るかもしれない。

マンションタイプでは一部速度が遅くなるケースがあるのでここだと注意が必要じゃ♪

ツイッターにてauひかり1ギガプランで、下り560メガ計測されてるので驚きなのであ~る。(2018年3月時点)

3.ネット回線の乗り換えでキャッシュバックをゲットしたい人

わしが思うにこれが最大のメリットに思うが、auひかりはとにかくキャッシュバック金額が多いという点じゃ。

違約金補填とは別に最大55,000円もキャッシュバックをゲット出来るので、フレッツ光やnuro光では考えられないくらいキャンペーンが充実している。

基本料金が多少高くても、このキャッシュバック金額を考えればお得に思えるかもしれないのであ~る(笑)

auひかりにするとデメリットがある人って?

auひかりが反対にデメリットになってしまう人はこのような方々である。

1.家族の携帯電話がドコモやソフトバンクでまとまってる人

家族で携帯電話がドコモであれば、ドコモ光にした方が安いし、ソフトバンクであればnuro光やソフトバンク光にした方が安いということであ~る。

わしが営業をしている時に、どのような経緯でそうなったかは分からないが、家族でドコモスマホ3台持ってるが自宅のネット回線をauひかりにしてる人がいた。

フレッツ光に負担なく戻せて、開通後にドコモ光にすると携帯に割引が付くと提案したら、面倒くさいからこのままでいいと断ってきた。世の中には変わり者がいるらしい(笑)

2.引越しの予定がある人

auひかりに限らず固定回線は2年以上の契約の縛りがあるので、引越し予定がある人は、そもそも考えた方がいいという話じゃ。

後述するが、auひかりは2018年から撤去費用が10,000円⇒28,800円へと高くなったので、解約する際に最低でも28,800円(税込で31,104円)はかかるので出費は大きい。

【2018年最新版】これだけは忘れてはいけない解約デメリット

auひかりは2018年3月から契約内容が一新されて2018年3月以降にauひかりに加入した人は注意が必要なんじゃ。

ずっとギガ得プランの場合
2018年2月までに加入した場合3年単位の自動更新解約金15,000円工事費残債(1250×30回)撤去費10,000円(撤去しなくても可)
2018年3月以降に加入した場合工事費残債(625×60回)撤去費28,800円(撤去は必須)

仮に25か月目にauひかりを解約すると、

2018年2月までに加入した場合15,000円+1250×(30-24回)=22,500円
2018年3月以降に加入した場合15,000円+625×(60-24回)+28,800円=66,300円

43,800円も金額に違いが出てくるのであ~る。

そもそも24か月も利用して66,300円も解約金を請求されるのはふざけてると言いたくなるに違いない(笑)

しかし、株式会社NEXTであれば「auひかり撤去費相当額28,800円(税込:31,104円)をキャッシュバックしてくれるんじゃ。

まとめ

・auスマートバリューが適用出来るなら迷わずauひかり
・auひかりは速度やキャンペーン内容もgood♪
・2018年3月以降にauひかりに加入してると工事費の分割が60か月だし撤去費が高い

昔auひかりは速度が遅いイメージがあったが、最近の口コミや評判を見ると速度が随分と改善された印象がある。

2018年に5ギガや10ギガサービスもリリースされたので、もはやNTTフレッツ光よりも速度が速くなると言っても過言ではないのであ~る。

また、2018年3月以降のauひかり戸建てプランは、解約金がホントに高いので、頻繁に回線を乗り換えてる人にはオススメが出来ないんじゃ。

株式会社NEXTでauひかりを申し込むにはココからじゃ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする