ヤフー料金滞納でブラックリストに

ヤフーの料金が聞いていたのと全然違うんです

女性37歳・会社員・福岡。ネットのプロバイダの解約の罠にはまって、気付いたら料金滞納になって、裁判所から通知がきました。

私は以前、フレッツ光を我が家に繋いでいました。某電気屋さんで、プロバイダヤフーのキャンペーンをしていた時に契約したものです。

しかし、使い続けているある日、料金がやけに高い事に気づきました。最初の説明より遥かに高く、プロバイダヤフーに問い合わせの電話をしました。

しかし、この電話は、中々繋がらないのでした。契約時は、向こうから連絡がすぐにあり困る事は一度もありませんでした。そのうち、プロバイダからの明細書が送られてきました。

とにかくヤフーに電話しても繋がらない

結局電話は一度も繋がらず、送られてきた明細書を確認すると、びっくりするほど、一万円ちかくオプションがついていました。契約時に料金を安くする為に、契約時につけなくてはいけなかったオプションが、無料期間を終えていたとゆう訳です。

これは困ったと、ヤフーに何度も連絡しましたが、つながる事はありませんでした。そんな日が3ヶ月ほど続き、朝イチ、夕方、平日の昼間など時間帯を変えて連絡をしましたが。

「只今込みあっております」ばかりが流れます。これは、おかしいなと思い、ネットで調べてみると、なんと、新規契約の電話は、つながるが解約電話は、中々繋がらないと誰かが書いてありました。

ヤフーは電話繋がらないのは実は有名。あそこは新規獲得には力入れてるけど、既存顧客には冷たい。

そこで新規契約から電話をしました。そこでようやくオペレーターと繋がり、オプションの取り外しをし、頭にきた私は、解約を申し出ました。

オペレーターは、解約金がかかると言っていましたが、電話が繋がらないのが悪いと知らん顔しました。電話を切り、私は払うつもりは一切ありませんでしたが、ヤフーからは、請求書がひつこく送られていました。

その解約金が日に日に増えているので、何故かと思いネットで自分で調べると、全解約をするには、ヤフーホームページからマイページに入り、解約するとは書かれていない解約ページを探さなければなりませんでした。

そうしないと毎月500円づつかかるのでした。解約を簡単にさせないように解約ページを分かりにくくしているようでした。

私は、500円は、自分の登録口座から落ちていたみたいです。マイページには、先にプロバイダを解約してしまった為に入れませんでした。

電話も繋がらないので、私はその口座を空にして、未納で強制解約をさせる事にしました。ヤフーのオプション料金と解約金分が、結果的に滞納して強制解約する形になったのです。

ヤフーの料金を滞納してTSUTAYAカードが作れないんです

半年ほど解約金と500円の未納金の請求書のハガキが届いていました。そして裁判しますとの手紙もきました。

それでもネットで色々と調べ、無視をしていてもヤフーが使えないだけではないかと自己判断をして、私は結局解約金の一円も払いませんでした。

あれから五年近く経過しますが、もう通知はこなくなりました。しかし、いまだにTSUTAYAカードの登録ができません。おそらくヤフーでブラックリストにのっているんだと思います。

使用料は、ちゃんと支払いをしましたが、解約するまでに多額に支払いしたので、解約金を払う気持ちに未だなれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする