ネット回線を高速化するためにやってることをいろいろ聞いてみた♪

ネット回線の高速化のために5GHZ帯を利用する

静岡県に住む私は35歳の男性です。しがないプログラマーとして日々の業務を取り組んでいるのですが、そんな我が家ではネット回線を高速化するために以下のことを行っています。

まず1つ目ですが、我が家では無線の通信方式を、2.4Ghzではなく5Ghzにしています。なぜ5Ghzに設定しているのかというと、障害物には弱いですが、より高速な通信が可能になるからです。

幸いなことに各端末と無線LANの親機との間に障害物はないため、回線が混雑するであろう昼間やゴールデンタイムであってもスピードが低下することはありません。

2つ目はパソコンの設定を少し変更してあり、スピードが出るように細工をしてあります。具体的にはIPアドレスの指定で、これを行っておくと無線LANの親機側で端末を探すスピードが大幅に短縮されるため、実感できるほどにスピードが早くなりました。

おかげで動画の視聴からゲームのダウンロードまで快適にでき、その日のうちにコンテンツを楽しむことができています。

なお、契約についてですが我が家はフレッツ光ネクストに、プロバイダーはぷららと契約しています。

5年前から、この契約で特に変更することなく満足をしています。なので、ネット回線のスピードに悩んでいる人がいたら、設定を変更することをおすすめしています。

IPv6を利用してネット回線を高速化

私は26歳の男性で北海道でフリーランスの自営業を行っている者です。今利用している回線はフレッツ光ライトファミリータイプ、プロバイダはSo-netです。それでは私がネット回線を高速化するために行っている工夫についてお伝えします。

1つ目はルータを新調することです。いつまでも古いルータを使っていては回線をパフォーマンスを最大限に活かすことは到底出来ません。ルータを比較的新しいものに新調するだけでもかなり速度が変わってきます。

大体2年落ちくらいの商品は非常に安くなっていますし、性能もそこそこなためオススメです。ルータは5年もしたらその度買い換えるようにしましょう。

2つ目はIPv6を利用すること。ネット回線を高速化するためのキモとなるポイントはここです!プロバイダによっては従来のIPv4と異なるIPv6という回線を利用することが可能です。

この回線は現状ほとんど使用されておらず混雑が少ないので、いつの時間でも安定した速度を出すことが可能です。その効果はデフォルトでは対応サイトのみに限られますが、YouTube等のサイトが非常に高速化されるので非常に魅力的です。

利用するにはプロバイダに電話をかけて最近回線が遅いんですけど…と相談するだけで良いです。自然とオペレーターの方が回線を切り替えますか?と聞いてくるのでOKですと伝えましょう。

その日のうちに回線は切り替えられて、IPv6を使って快適なネットサーフィンをすることが可能となります。

Readyboostなどで高速化

男性40歳・神奈川・在宅ワーカーです。

現在契約しているインターネット回線はNURO光の2Gbps、プロバイダはSo-netに加入しており、有線LANであればもっとスピードがでると思うのですが、複数のパソコンをルーターなどから離れた場所で使用しているため、無線LANを使用しています。

そのため有線LANと比べるとネット回線のスピードがだいぶ落ちています。

ネット回線の高速化の対策としては、元から搭載しているメモリがパソコンの搭載可能なメモリの最大限になっていたため、Readyboostによってメモリの増設を行っており、機種によってはメモリーカード2枚を使用したり、USBメモリを使用しています。

また、仮想メモリを多めにとったりも高速化の対策です。

また、インターネット閲覧でよく使うChromeブラウザの対策はいくつか行っており、アドオンは使わない設定にしたり、タブごとの読み込みの設定などを変更したり、たびたび履歴を消したりしていますが決定的な速さにはなっていません。

今後のネット回線の高速化の方向性としては、今使っているパソコンの無線LANの規格が最新のものではないため、最新の規格に対応した無線LANのUSBコネクタを装備するなどして高速化することも考えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする