ソフトバンクからのさりげない勧誘

きっかけはソフトバンクからのダイレクトメールでした

男性40歳川口市在住
YAHOOの情報からある日、ソフトバンクから通知が来ていたので、なんだろうと思い開封すると10,000円プレゼントという文字が躍っていました。

なんの事だろうと、詳しく読んでみるとどうもプロバイダーを乗り換えると、商品券1万円分がもらえるという内容らしいという事が分かったのです。

しかし詳しい事が解らない為に、当時住んでいた川越市にあるソフトバンクショップを訪れた訳です。

詳しく聞いてみると、どうもこれまで独占していたNTTが、独占していた通信ケーブルの一部が解禁となり、ソフトバンクがこれを機に参入して安く提供するという話でした。

しかも二年の縛りがあるが、商品券をプレゼントするという勧誘を受けました。

問題は、こちらが難しい手続きをしたり、パソコン内で操作しなければならないのかなど、不安があった訳ですがユーザーとしてはなんらしなくても、回線工事はこちらでやるという事でした。

その回線工事費用が、もし二年の縛りを破った時に支払いをしなければならないという事だったので、特に問題は無いと判断しそのまま契約に至りました。

背広を買いたかった

実は丁度、背広を慎重したかった。勿論、そのまま商品券をチケット販売所に売ってもよかったが、この商品券は西友でも使用が出来るらしく、背広は買いたかったが手持ちのお金がそれ程なかったので安く購入し、尚且つ商品券が購入で購入できるという事になりました。

また、プロバイター料も僅かではありますが、安くなったように思いました。それとYAHOOとの引き落としが一緒になりましたので、引き落とし時期を統一出来たので手間が省けました。

以前はNTTからダイレクトメールかなんかで、支払いに行っていた記憶があります。銀行引き落としに統一されたので、そうした手間も省けるようになりました。

それと支払いについて、リアルタイムで支払いの領収が、スマホで確認できるようになりました。最初操作は慣れるまで大変でしたが、ダイレクトメールだと支払ったかどうかが忘れる事があります。そういう意味ではしっかり記録が残せますので、便利な機能だとは思います。

今年はその2年目になりあと契約は残り僅かとなりました。継続するかどうかは、やはり今回のように何かくれるようなイベントやキャンペーンがあればいいんですが。

情報だと2年契約満期の時に、色々プロバイダーを見直す事は結構重要視されているような気がします。また、いい勧誘に出会えればと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする