コミュファ光の勧誘を受けたときにチェックすべきこと!

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の中部東海4県に住んでいるとコミュファ光の勧誘は一度は受けたことがあるに違いない。あとあとトラブルにならないように、コミュファ光の勧誘を受けたときには以下の点をチェックするんじゃ(^^♪

1)  コミュファ光の代理店か名乗ってるかどうか?
2)  今の環境を確認した上での提案かどうか?
3)  キャンペーン内容について嘘がない勧誘かどうか?

1) コミュファ光の代理店か名乗ってるかどうか?

コミュファ光の勧誘には訪問や電話や店頭などいろいろとあるけど、基本的にコミュファ本社から直接的に営業をすることはないんじゃ。コミュファと代理店契約をしている営業の会社の方で主体でやってるのであ~る。

コミュファと代理店契約をしている会社であれば、クレームにならないようにその営業のやり方を指導されることが多い。

コミュファ光はもともと中部電力から始まったサービスだから、ネットに勧誘がしつこいなどと書き込みがあるだけで、その代理店に対して営業を控えるように言うことも多いんじゃ。なので、まず嘘偽りなく【代理店】と名乗っているか確認するんじゃ♪


訪問でまれにコミュファの社員を偽って、営業する代理店の営業もいるようなので注意が必要!名刺にコミュファ光って書いてあったとしても、よく見ると後ろの方に代理店株式会社○○と書いてあるから、見落としは厳禁じゃ。

わしが普段やってるテレアポでは悪質な電話勧誘を取り締まる法律があって、営業する側にとって年々厳しくなってるから強引な獲得がホントに難しくなってる。

例えば、電話の趣旨を明確に伝えてるかや、しつこい電話をしてないかなどである。

訪問にしろ、電話にしろ、店頭にしろ、まずコミュファ光の何という代理店が来てるのかを名刺でチェックして欲しいんじゃ。名刺を貰えないなどの状況であれば、その営業は疑った方がいい。

仕事で嘘をつくなんてマジでブラックだと思うし、ゆくゆくその代理店が潰れていたなんてよく聞く話だから、信用があるところでやるんじゃ☆彡

まずは、真面な会社の営業かどうかをチェックするということじゃ。




2) 今のネット環境を確認した上でコミュファ光を提案しているかどうか?

コミュファは確かに安く使えてるけど、今自宅で使ってる電話とネット環境でいくらかかってるが分からないと何がどう安くなるか分からないはずじゃ。それを確認した上で勧誘しているかどうか?

たとえば、NTTフレッツ光を利用していたら
〇電話番号の数や加入電話オプションサービス
〇利用プロバイダ
〇ひかりテレビ利用有無
〇メールアドレス利用有無
〇携帯キャリア
〇転用有無⇒光コラボにしたかどうか?
などをもれなく聞いてきて、これだけの料金が今かかってると断言してくる営業がいれば、普通に信用していいのであ~る。

特に、ケーブルテレビならCS放送やコミュニティチャンネルの視聴有無の確認は、コミュファを販売する上で必ず必要な項目じゃ。なぜなら、コミュファだとCS放送やコミュニティチャンネルが視聴出来ないからじゃ。

また、プロバイダでやってるメールアドレスやホームページサービスや固定IPアドレスは、そのプロバイダや辞めると、当然ながら利用が出来なくなってしまう。(メールアドレスは200-300円で毎月残すことは可能)

自宅でかかってるネット料金と自宅のネット環境を言い当ててくるなんて!知らない人からビックリしていまうから、思わず引きたくなるかもしれないけど、ネット回線の営業としては知識もあって優秀な営業である☆彡

つまりは、いい勧誘に出会えたと言える。

いい営業と出会えることを願うばかりで、情報教材と同じで中にはホンモノが紛れてるんじゃ。

反対に、プロバイダも確認しないで安くなるとばかり勧めてきたら警戒した方がいいと言える。正直言うと営業としてはレベルは相当低く獲得したお客様にコミュファを開通させようと思っていないんじゃ。

また、一旦コミュファ光のキャンペーン申込だけしてもらって後から書面を送るので、それをじっくり確認してもらって問題なければ、工事をするか決めてくれと言ってくる営業が実は通信業界は多い。

しかしこの手の営業は、その日の1件を自分のために取ろうとしてるに過ぎないから、決してあなた(お客様)のことを考えてるわけではない。(これを俗に書面トークという)

どういう事かというと、それを言う勧誘の営業は自分のやってることに自信がないので逃げ道を作ろうとするのである。要は、営業視点でいうと、お客様の意思が固まってない状態での受注である。

コミュファ光で1件の成績になるのはコミュファ本部からの確認の電話が入った後で、そのあと書面が届くワケだから書面トークを使うと通過はしやすいが、後々キャンセルが多くなるのは当然のコト。

結局のところ、開通しないのでお金にもならないし、手間なコトをお客様にさせただけの迷惑行為に過ぎないのであ~る。

どんなに丁寧な話し口調で、営業してきたとしても開通後のコトを考えていないので、注意をした方が良いと言える。

わしはキャンセルデータなるものを荷電する時があるんじゃが、その時によく言われるのが「あとで無料でキャンセル出来るからとりあえず申込した」ってこと。

コレを聞くたびに常々思うんじゃが、あなたの貴重な時間をその勧誘に割いて見ず知らずの営業の1件に貢献する必要がどこにあるのかってコト。要らないモノは要らないと伝えることもお互い幸せだと思うんじゃ。

コミュファ光は正直いって確実に安くなるサービスだから、料金が安くなる内容に対して今考えるもあとで考えるも同じだし、安くなるのがOKなら後はやるだけなのであ~る。

あなたのことを考えてる営業は、あなた以上にあなたの自宅環境を理解していて、絶対にコミュファ光にした方がいいと言い切ってくるはずじゃ(‘ω’)ノ

つまり、いい営業はあなたのために提案してくれるし、キャンセルトークも言わないのであ~る。




3) コミュファ光のキャンペーン内容について嘘がないか?

よくコミュファ光のキャンペーンでキャッシュバック最大何万円と宣伝しているが、コミュファの場合だと、元々JCB商品券であったが、2017年4月からようやくコミュファ光も現金キャッシュバックになったんじゃ(‘ω’)

条件面をしっかり確認するのであ~る

コミュファ光に加入するにあたって、初期費用が下記のよう発生する。

コミュファ光初期費用(電話とネットの場合)⇒5,700円
契約事務手数料:800円
光電話工事費:3,000円
番号ポ工事費:2,000円/電話番号

コミュファ光初期費用(電話とネットとテレビの場合)⇒8,700円
契約事務手数料:800円
光電話工事費:3,000円
番号ポ工事費:2,000円/電話番号
光テレビ工事費用:3,000円※5年契約の場合、3年契約だと8,000円

これらも一緒に補てんする場合は、オプションサービスに入ってもらう必要が出てくるので通常は案内しないことも多いんじゃ。付帯オプションについて事前に説明があるかっていうのも大切な要素なのであ~る(^^♪

あとは、代理店によってキャッシュバックが別に付くこともあるけど、入金のタイミングもチェックするんじゃ。大体どの代理店もコミュファ光の工事が終わってから半年から1年くらいしてから入金される模様。

キャッシュバックはやはり少しでも早い方がいいと思う。例えば株式会社NEXTだと最短で2か月後、どんなに遅くても3か月後だから業界最速なのであ~る。

また、キャッシュバックとは別に商品券プレゼントもキャンペーンとしては、やってるがこの商品券分もキャッシュバックと伝えてしまう営業がたまにいる。

コミュファ光のキャンペーンで貰える商品券はJCB商品券となり、金券ショップで現金化が出来るが換金率は95-98%辺り。もちろん、商品券であって現金では決してないので、細かくチェックして方がいいかもしれないんじゃ。

コミュファ光の勧誘停止をする唯一の方法とは?

訪問や電話でコミュファ光の勧誘に疲れてしまったら、営業に「うちはコミュファ光に入るつもりがないから電話を止めてくれ!」とハッキリと意思表示をした方がいい。

シンプルにこれに尽きるんじゃ。つまり、代理店から荷電NG扱いにしてもらうこと。

しかしその際に気を付けた方がいいのが、分からないから要らないですとか、ウチはいいみたいですとか、営業をかける隙を与えないことである。

どういう事?と思うかもしれないが
「分からないから要らない」⇒理解させることが出来れば受注出来る
「ウチはいいみたい」⇒決裁権は別の人にあるからまた電話しよう
と営業側は思うのであ~る。

それでも、同じ代理店から営業をかけられたら、最後の手段になるがコミュファ光に相談するしかない。

ご連絡先:コミュファ コンタクトセンター
0120-816-538(年中無休/9:00~21:00)

勧誘停止手続きが完了するまで約1週間程度かかるが、各代理店から電話・訪問勧誘が来ないようにしてくれるんじゃ。その際に、営業をかけられた代理店とその連絡先をしっかりと控えておくこと。

もちろん、営業の態度が悪かったり失礼な対応を取られたら、それはもう一発退場なので、すぐに会社名と電話番号を聞いて、すぐにコミュファのコンタクトセンターに電話するのであ~る。(ただし、真面目に営業やってる人も多いので面白半分で電話するのは、絶対に辞めてもらいたい。)

実際どんな感じなの?!コミュファ光の勧誘を受けたことがある人の声を集めたんじゃ♪

35歳女性専業主婦@愛知
コミュファ光の勧誘がエスカレートしていきました。私もイライラして「もう結構ですので!」と怒りながらいうとコミュファ光の担当者が「なぜ、話も聞かないで断るのか疑問です」と逆ギレをしました。
私は、だんだんとコミュファ光からの勧誘が恐くなりました。電話がかかってくるたびにビクビクしました。電話の電源を切り、出ないようにすると訪問勧誘が始まりました。
初めての訪問時は誰か分からずに、出てしまいコミュファ光の担当者と聞いてゾッとしました。
低姿勢で電話勧誘のような威圧感はありませんでした。「これ以上、しつこい勧誘をするなら消費者センターと警察に連絡します。」と伝えると足早に帰っていきました。担当者は名刺も渡さずに勧誘をしてくる姿勢にも不信感が高まりました。
コミュファ光自体は悪いサービスではないと思いますが、勧誘の姿勢を見て絶対に契約をしたくないと思っています。
男性29歳会社員@愛知 
リビングまでは通さず、玄関までにさせてもらいましたけどね。さて、ここから、猛烈な勧誘に会うこととなりました。各種書類を出してきて、月々いくら安くなるか、そして、通信品質がどれだけ向上するか、といったようなことをコンコンと説明してきます。
専門用語や数字(GbpsやLTE)を聞いているとなんだか頭がボーっとしてきまして・・。結局、1時間くらい話を聞いたところで、丁重にお断りし、帰っていただきました。なんだかすごい、もったいない時間を過ごした気になりましたし、一方で業者の方に申し訳ない気持ちにもなりました(さんざん話を聞いたのに断ったので)。
何とも言えない、ネガティブな気持ちになり、せっかくの休日なのにリフレッシュすることができませんでした。こんなことなら、最初から断っておけばよかったです。
男性28歳家業手伝い@三重県
繁忙期以外は日中自宅で家事などをしているのですが、その際に頻繁に電話が掛かってきます。一応電話は取りましたが契約を取ろうとする一心で、こちらの事情にはあまり見向きもせずにかなりしつこい勧誘を行ってきました。
もうすでに光回線の契約をしていて困っていないと言ってもコミュファ光の良さや優れている点などを挙げて売り込みが全然止まりませんでした。しつこかったのと面倒くさいのでそれ以降は話を聞かずに電話を切りました。
これでもう勧誘されることはないなと、高を括っていたら後日再度勧誘の電話がありました。その勧誘は以前してきた人とは、所属している代理店が違っているみたいで我が家に再度勧誘の電話をしていきたみたいです。以前言われたことを次はまた別の人から聞かされただけで面倒くさいだけで何もいいことはありませんでした。それ以降はすべてすぐに電話を切っています。
電話や訪問に関わらず勧誘にかなりマイナスイメージがついてる。コミュファ光の商品イメージに悪くならないか思わず、心配してしまうんのであ~る

まとめ

・コミュファ光の勧誘はまずは相手を見極めることが大切
・自宅環境を言い当ててくる勧誘に当たったら信用してもOK
・何よりもあなた(お客様)のコトを考えた提案をしているかが重要
・勧誘を止めてもらうには断り方にもひと工夫が必要
・ネット回線の営業に疲れたらネット申込みが無難

インターネット回線について詳しくない人からしたら、コミュファ光の営業はどれも同じように感じてしまうのは当然と言える。自分よりも自宅環境を分かってる営業がいたら、それはホントに信用して欲しいし、あなた(お客様)にとっていい提案をしてくるに違いないのであ~る。

訪問営業や電話営業、家電量販店の営業だと、無理に勧誘される可能性が高いから、そのような心配がある人はネットで申込みをしたほうが無難じゃ。株式会社NEXTはネット申し込みだけで電話営業や訪問営業を一切やってない。

通販会社みたいに後から電話営業が来るってこともしないし、無理に契約も取ることもしないから安心して欲しいのであ〜る☆彡

株式会社NEXT経由でコミュファ光
に加入するにはココをタップ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする