ケーズデンキでインターネット回線をオススメされなかった?


先日ケーズデンキに行ってインターネット回線の話しに聞きに行ったら、全くもって乗り換えのオススメをされなかったんじゃ。なぜオススメされなかったのかまとめてみたのであ~る☆彡

よくケーズデンキに行く人はチェックするといいかもしれない。

ケーズデンキではどの会社のインターネット契約が出来るの?

まずわしが行ったのはケーズデンキ所沢店。ココは2017年3月にオープンしたばかりの店舗じゃ。内装もまだまだキレイなんじゃ♪

ケーズデンキ所沢店で取り扱いをしているインターネット回線はコレ

固定ブロードバンド
ソフトバンク光戸建て5,200円/マンション3,800円
ドコモ光タイプA 戸建て5,200円/4,000円
タイプB 戸建て5,400円/4,200円
OCN光戸建て5,100円/マンション3,600円
@TCOMヒカリ戸建て5,100円/マンション3,800円
auひかり戸建て5,100⇒5,000⇒4,900円/マンション3,800円
ケーズデンキ光(ぷらら)戸建て5,700円/マンション4,500円※ひかりTV料金900円含む
ケーズデンキ光(OCN)戸建て6,050円/マンション4,550円※おまかせマルチパック950円含む

※光電話は別途500円/月かかる

モバイルブロードバンド
ソフトバンクエアー2年間3,800円⇒3年目以降4,880円(おうち割り適用:2年間4,300円⇒3年目以降4,880円)
auスマートポート2年間3,792円⇒3年目以降4,292円※wifiホームおトク割り加入の場合
ワイモバイル7ギガ:3,696円~/データ制限なし:4,380円~
KTWiMAX7ギガ:3,696円~/データ制限なし:4,380円~

提案される流れとしては、スマホや携帯がどこの会社かをヒアリングされる。そして、携帯とのセット割が出来る回線を勧められるんじゃ。

ドコモスマホ、携帯ドコモ光
auスマホ、携帯auひかり
ソフトバンクスマホ、携帯ソフトバンク光

わしの場合は、フリーテルのスマホ(格安sim)だったので、OCN光を単体利用をオススメされたのであ~る。

理由はよく分からなかったが、OCNモバイルに変更するとセットで安くなると言われたので、スマホの乗り換えも併せてするように、考えてたのかもしれない。

しかし、わしがnuro光を利用済みであることと、フリーテルスマホを今辞めると解約金が発生する旨を伝えると、「現状利用がいいですね」と言われたのであ~る。

ケーズデンキの店員さんも「埼玉でnuro光より安くて速い回線はない」と仰っていたんじゃ。

ちなみに、ドコモやソフトバンクのスマホを持っていたからと、ドコモ光やソフトバンク光で安くなるとも限らない。スマホの台数が多かったり、パケット容量が多くないと割引があまりされないので、しっかり計算をした方がいいのであ~る。

ケーズデンキでインターネットに加入する値引きや特典はコレ

ケーズデンキで加入出来るインターネット回線のキャンペーンはこのようになってる。

ネット回線の値引きや特典で最も良かったのが、ソフトバンク光で他社乗り換え新規申し込みの場合に、普通為替24,000円キャッシュバックor最大計24,000円割引であった。また、これに違約金補填が最大100,000円まで出来る。

上記2つのキャンペーンはソフトバンク光の公式のキャンペーンになるので、基本どこで申し込んでも適用がされるんじゃ。

1)については、ケーズデンキのオリジナル特典だと思われるが、商品を10,000円以上購入するとか指定オプションに加入しないといけないとかあるので、得にならない可能性は高いと言える。

また、わしがオススメされたOCN光のキャンペーンは3月31日で終了していたので、商品券10,000円分はもらえないと言われたんじゃ(笑)

インターネット回線の繁忙期が3-4月なので、この時期のキャンペーンが最もいいモノだと思って間違いはない。

やはり、家電量販店でやってるネット回線のキャンペーンは尻つぼみだと言える。3-4年前にやっていた、4-50,000円キャッシュバックなどのキャンペーンはもはや存在しないんじゃ。

パソコンとセットにしても、ケーズデンキではキャッシュバックが付くこともないとのコト。

そのわけをうかがってみたところ、ケーズデンキは現金値引きなのでポイントやキャッシュバックのキャンペーンがそもそも存在しない。

また、ネット回線の申込をしてパソコンの値引きをしても、あとあとネット回線の申込をキャンセルする人が多くいて、採算が合わなかったようなんじゃ。

ケーズデンキ光の料金とキャンペーンって?

上記にも料金を乗せているが、ケーズデンキ光は決して料金が安いサービスではない。

ケーズデンキ光(Powered byぷらら)戸建て5,700円/マンション4,500円※ひかりTV料金900円含む
ケーズデンキ光(Powered byOCN)戸建て6,050円/マンション4,550円※おまかせマルチパック950円含む

下記サービスと比較すると、500円~1,000円は料金が高いと言えるんじゃ。

サービス名ネット料金(プロバイダ込)
nuro光4743円
OCN光5,100円
ドコモ光5,200円

ケーズデンキ光のメリットって?

プロバイダをOCNとぷららを使ってる人であれば、切り替えが簡単であること。プロバイダのメールアドレスを替える必要もないし、固定IPアドレスを使ってる人でも問題なく転用が出来るのであ~る。

ひかりTVとおまかせマルチパックが、基本料金の中に組み込まれてることである。そのオプションが必要で使ってる人であれば、個別に契約する必要もないので楽かもしれない。

ひかりTVマルチパック
テレビのCS放送サービス。ひかりTV「おすすめTVプラン」または「ビデオざんまいプラン」は通常料金1,500円だが、月額900円で使える。ぷらら光と同じようにセットプランでひかりTVを利用可。OCNのオプションサービスでセキュリティ対策ソフト・クラウドストレージ・「おまかせサポート」(無料訪問サポートや電話サポート)がパックに。ケーズデンキ光だと、無料訪問サポートが2回⇒4回に増えてる。

ケーズデンキ光のデリットって?

オプションサービスが不要な人にとっては、料金が上がるのでそれがデメリットになるんじゃ。

種明かしをすると、ぷらら光とOCN光と比較すると、料金が全くもって変わらないんじゃ。

ケーズデンキ光(Powered by ぷらら)5,700円-ひかりTV900円=4,800円
ケーズデンキ光(Powered by OCN)6,050円-マルチパック950円=5,100円

ケーズデンキ光ってコラボ光だけど、分かってる?

ケーズデンキ光のデメリットに近い話になるが、ケーズデンキ光に変更するとフレッツ光は解約となる。

NTTフレッツ光に戻す場合に、ケーズデンキ光の違約金がかかるし、固定電話の番号も替わってしまうので、それだけは認識をした方がいいんじゃ。

また、速度面も課題があるようじゃ。

料金は下がらないサービスだし、ネット回線の速度も遅くなるリスクだったある。加入する際は、変更する理由をしっかりと認識して欲しい。

わしとしては、インターネット回線は好きな回線を使えば、それはそれでいいと思ってるが、内容も分からずに変更してデメリットを喰ってる人が、ホントに多いので正しい知識をしっかりと得て欲しいのであ~る。

参考:転用するデメリットって一体何だ

ケーズデンキ光を解約したら。。。

ケーズデンキ光を解約したら解約金がもちろん発生する。2年契約となり2年以内に辞めてしまうと11,000円(税抜)の解約金がかかるんじゃ。

ケーズデンキ光は24か月ごとの自動更新となるので、更新月を逃すといつでも11,000円かかる。

また、ケーズデンキ光に新規加入した人は、工事費の残債が違約金とは別にかかるので注意が必要であ~る。

工事費残債について
戸建て工事費18,000円初回請求3,000円+2回目以降500円×30か月
マンション工事費15,000円初回請求3,000円+2回目以降400円×30か月

仮に、戸建てプランを1年で解約すると、
500円×(30-12か月)+11,000円=20,000円(税抜)
の解約金がかかるのであ~る。

ちなみに、転用とはNTTフレッツ光から変更すること、新規とは他社回線から乗り換えること及び新設工事することなんじゃ。

つまり、ケーズデンキ光は新規だと最大29,000円発生し、転用だと最大11,000円の解約金がかかるのであ~る。

まとめ

・ケーズデンキでインターネット回線を申し込んでも特典がほとんどない
・関東圏でnuro光を使っていれば、とにかく安い
・ケーズデンキ光は基本料金が高め、オプションの利用価値を見出せるかどうか

ケーズデンキでネット回線のキャンペーンを聞いて内容まとめたけど、力を入れていないモノで、他の家電製品を一緒に買っても決してお得になるモノでもなかったんじゃ。

現時点でインターネット回線の申込はネット経由の方が、条件がいいと言える。

また、ケーズデンキ光はオプションサービスをパックにしたサービスなので、決して料金が下がると思って入ってはいけないし、光コラボサービスの一つなので、それにするデメリットも事前に掴んで欲しいのであ~る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする